情強速報

スポンサーサイト   はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニホンヤモリ 「ニホンヤモリ」では無い可能性   はてなブックマーク - ニホンヤモリ 「ニホンヤモリ」では無い可能性

12051801.jpg
ニホンヤモリ 実は外来種か
九州から東北の広い範囲で住宅の軒下などに生息している「ニホンヤモリ」は、昔から日本に生息する在来種と考えられてきましたが、平安時代以降に中国から持ち込まれた外来種である可能性の高いことが、兵庫県立大学の調査で分かりました。

[More...]

スポンサーサイト

ソメイヨシノの「母」は北関東のエドヒガンか ソメイヨシノと葉緑体DNA一致/千葉大   はてなブックマーク - ソメイヨシノの「母」は北関東のエドヒガンか ソメイヨシノと葉緑体DNA一致/千葉大

12050604.jpg
桜の代表的な品種ソメイヨシノは、江戸時代後期に植木屋が多かった染井村(現東京・駒込)で伊豆諸島などに自生する野生種オオシマザクラを父親、エドヒガン系統の品種コマツオトメを母親として誕生したとの説が有力だったが、コマツオトメは母親ではなく近縁にとどまることが分かった。

[More...]

ニホンオオカミ 高崎にいた!? 絶滅5年後「1910年に駆除」記事発見   はてなブックマーク - ニホンオオカミ 高崎にいた!? 絶滅5年後「1910年に駆除」記事発見

12050102.jpg
 一九一〇年一月に高崎市内でオオカミが駆除されたという新聞と雑誌の記事を、吉岡町にある北群馬渋川郷土館長の小山宏さん(75)=渋川市=が見つけ、「その五年前の一九〇五年に絶滅したとされるニホンオオカミだった可能性がある」とみて、骨や皮などの遺骸を探している。

[More...]

南極のコウテイペンギン、想定の2倍いた 宇宙から調査 英米豪研究   はてなブックマーク - 南極のコウテイペンギン、想定の2倍いた 宇宙から調査 英米豪研究

12041902.jpg
南極大陸には、これまで考えられていた数の約2倍に当たる約60万羽のコウテイペンギンが生息していることが、宇宙からの「国勢調査」で判明した。
英米豪の研究チームが、高解像度の衛星画像を解析し、推定した。米科学誌プロスワンに発表した。

[More...]

Home > 動物・生き物

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。