情強速報

スポンサーサイト   はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「空飛ぶ自動車」 米航空局の規制をクリア トランジション・ローダブル・エアクラフト   はてなブックマーク - 「空飛ぶ自動車」 米航空局の規制をクリア トランジション・ローダブル・エアクラフト

p110.jpg
「空飛ぶ自動車」実用化へ前進、米航空局の規制をクリア
米テラフュジア(本社マサチューセッツ州)が開発した小型軽量機の「トランジション・ローダブル・エアクラフトがこのほど米連邦航空局(FAA)の重量要件を満たし、生産開始に1歩近付いた。

米国のメーカーが開発中の「空飛ぶ自動車」がこのほど米連邦航空局(FAA)の重量要件を満たし、生産開始に1歩近付いた。

米テラフュジア(本社マサチューセッツ州)が開発した小型軽量機の「トランジション・ローダブル・エアクラフト」は、
着陸した状態で翼を折り畳むと自動車に変身する。飛行機から自動車への切り替えはコックピットから操作でき、
所要時間は「オープンカーの屋根を閉めるのとほぼ同じくらい」(同社幹部のアナ・ディートリク氏)しかかからないという。

FAAは同機について最大離陸重量の緩和を認め、水陸両用飛行機と同じ約650キロでの離陸が認められることになった。

このクラスの軽量スポーツ機の最大離陸重量は通常約600キロだが、トランジション機は道路の走行を想定して
エアバッグなど通常の軽量機にはない安全装備を搭載したため、重量が重くなったという。

ディートリク氏によると、トランジションの飛行速度は時速約160キロ、地上では約100~110キロほどの速度で走行できる。
最大約720キロの飛行・走行を想定した設計になっており、機能的には自動車よりも航空機に近いという。

軽量スポーツ機には操縦士と乗客1人が搭乗でき、操縦に必要なスポーツ操縦士免許の取得には20時間の飛行訓練が必要となる。

今後FAAの認可を経て米高速道路交通安全局(NHTSA)の検査に合格すれば生産を開始する。
想定小売価格は19万4000ドル。1年半後をめどに出荷を開始する見通しだという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100701-00000011-cnn-int


http://farm4.static.flickr.com/3458/3219235680_b53b9d497b_o.jpg
10 7 51001

http://www.faust-ag.jp/userfiles/image/sense/sn045/sense45_02l.jpg
10 7 51003


Terrafugia - Flying Car




・俺が想像してたのと違う

・もはや自転車のサイズでは無い

・クルマには見えないな・・・。

・かわいい!

・×空飛ぶ自動車
 ○走れる飛行機

・鳥山明の描いた空飛ぶ車をイメージしてたらなんか違った

・ああジェット4つのあれじゃないのか

・飛行機と車のあいのこって昔からあるよね

・ブレードランナーに出てくるようなのを想像したのでがっかりした。




Comments

name
comment
情強有識者さん : URL

#- 2010.07.05 Mon 13:34

確かに走れる飛行機だわ。
何キロでるんだい?
話はそれからだ。

情強有識者さん : URL

#- 2010.07.05 Mon 15:20

でもどきどきしたわ
まあ一生縁がないだろうけど

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 交通 > 「空飛ぶ自動車」 米航空局の規制をクリア トランジション・ローダブル・エアクラフト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。