情強速報

スポンサーサイト   はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピカソが評価される本当の理由   はてなブックマーク - ピカソが評価される本当の理由


ピカソのすごさはキュビズムを知ることによって理解できる
ピカソのすごさは絵を見て「綺麗だなー」とか感じるような良さではなくて、
新しい表現を確立したということのすごさなので、正直マニア向け

ピカソの上手い絵を見たいのなら子供の頃の作品を見ると良いと思う
これ14歳の時の作品

http://cgfa.acropolisinc.com/picasso/picasso7.jpg
10 7281001



マジレスするとだな、
18世紀までの西洋絵画は写実的で、
そこらのν速民でも思わず「上手すぎワロタ」って
言うくらいリアルだったわけよ。

しかし19世紀の前半に、「写真」が発明される。
これは世紀の大発明で、あっという間に
「写真最強伝説 絵画もうイラネ」となる。
見事な手のひら返し。お前らみたいだな。

そこで出てきたのが「印象派」だ。
目に見える図像をリアルに写し取るのではなく、
雰囲気であるとか空気感であるとか、
写真には写らない、目に見えない「印象」を描くことで
写真以上の「リアルさ」を追求しようとしたわけだ。

ここで、絵画が現実から遊離しはじめる。
芸術が「壊れだした」瞬間だ。



その後も技術の発展は止まらない。
19世紀後半になると、「映画」が登場。
「映画凄すぎワロタ 絵画完全終了」となる。
そこに現れたのがキュビズムだ。

印象派の時点で、絵画の中の「現実」は既に壊れていた。
マネの作品では、2つの時間を同時に描いたものや、
2つの視点が混在した作品が出てきていた。

キュビズムはその動きをさらに推し進めたもので、
複数の視点、複数の角度から同時に1つのものを描く。
これによって、絵画は写真や映像以上のメディアに進化した。
いや、写真や映像の登場によって「進化せざるをえなかった」というべきか。
世間一般の人間の感性では理解できないほどに……。

俺が思うに、今キュビズムに一番近いメディアは「オンラインゲーム」だ。
1つの仮構した世界を、複数の視点(プレイヤーたち)が体験している。
その全体像を1つの平面で表現するなら、
ピカソの絵画のように複数の視点が入り混じって
抽象化された図像になるに違いない。

もっとも、それはプログラミング言語という別の形式でしか
われわれの前には可視化されていないわけだが。



補足するなら、ピカソは古代壁画に代表される極度に記号化された絵画世界
(いわば絵画の原風景)への目配せも多分に持ち合わせていた。
これはノスタルジーからではない。
ピカソの本当に凄いところは複製技術の普及や大量消費による記号化された社会の到来に
鋭敏に反応し、かつ素晴らしい記号表現の腕前を持ち合わせていた点。
現代でいう(例えば)ウオーホルとかヒップホップとかゴダールの映画とかにつながる
方法論をあの時代に華麗に提示してみせた現代性。こういった面も高く評価すべき。



ピカソは、キュビズムを経て、現在よく知られているような、あのピカソの完成された形となった。
キュビズムとは、乱暴にいうと、脳裏に残る印象的な部分だけを集めて1枚の画に収めたような表現方法である。
そのキュビズムはその後オルフィスムなどへ深化する。
オルフィスムは、より幾何学的とまでいえる程に抽象化を進め、
その中に豊かな色彩を盛り込んだ表現方法と言えるだろう。

具体例で見てみよう。
キュビズムを経て生まれたのがピカソなら、
キュビズムを経て抽象絵画・オルフィスム絵画の到達点がこの作品である。

・故人(2010) 日本

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1055245.jpg10 7281002
わずかな線と単一な色だけで、見る人に故人への追憶を抱かせる。



他の画家が嫉妬するくらい絵が上手くて新しい手法やスタイルを複数確立したこと
キュビスムとか青の時代なんてそれだけで教科書に載るレベル
さらに圧倒的に多作で画風もコロコロ変わるから批評家やパトロン受けが抜群
あとピカソはモチーフのあるモノしか描かなかった
抽象画家のイメージが強いけど基本的に具象画家
だから絵だけ見れば一般人にも比較的分かりやすい部類



ピカソのドキュメント映画を見るとよく解る。
一見糞みたいなデッサンの絵も、最初は至ってまともなデッサン
そこからおびただしい回数の重ね塗りを繰り返し、あのタッチに近づけていく。
素人に出来る芸当じゃないと思った



時代背景や歴史あってのものだよ全ての絵画って
骨董品だ
ある人には無価値でも全くかまわない



スペインに行ってゲルニカみたときは絵のパワーに圧倒されたな。怨念に近いような、そんな感覚。
絵っていうのは、上手いに越したことはないけど、やっぱり自己表現の芸術なんだと理解したよ。



演芸は人を楽しませるもの
芸術は人を悩ませるもの



Comments

name
comment
  : URL

#- 2010.07.28 Wed 13:30

「・故人(2010) 日本」の画像って「ぼっさん」のアレだよなw
マジメな話が並んでるだけに不意をつかれてワロタw

情強有識者さん : URL

#- 2010.07.28 Wed 14:27

故人ってのがぼっさんとどう関係あんのか知らんが
でも誰かが独りでいる感じは見てて感じたから
この絵自体をジョークとしては俺は見れないな。

情強有識者さん : URL

#- 2010.07.28 Wed 14:42

芸術に価値なんてないだろ、一部のオタクが興味を持ってるだけのものが、投機の対象になって金が動いてるだけ。
ピカソの絵を見たり、研究したりすることで一般の人間に利益が出ることなんてないから、キュビズムだのなんだの、わざわざ小難しい用語ならべてもアニオタのアニメ批評とおなじこと。

   : URL

#- 2010.07.28 Wed 15:00

まあ そうだわな 今だから過大に評価されてるわけであって
今で言うアニメとか漫画とかとなんらかわりがない 「絵画」もそもそもは娯楽なんだからそんなに気難しく見ないで自由に意見を述べるのがいいと思うね

情強有識者さん : URL

#- 2010.07.28 Wed 15:14

まあいくら力説されようが「その表現を機械で作ればいいんじゃね?」で
終わるな。書き方とかいくらでもマネできるし何百億の価値なし

情強有識者さん : URL

#- 2010.07.29 Thu 01:18

↑こいつは何を言っているんだ

: 承認待ちコメント

# 2012.08.26 Sun 09:33

このコメントは管理者の承認待ちです

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 知識 > ピカソが評価される本当の理由

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。