情強速報

スポンサーサイト   はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東電が用語変更に必死 事故→事象 水棺→冠水 高濃度放射能汚染水→滞留水 老朽化→高経年化   はてなブックマーク - 東電が用語変更に必死 事故→事象 水棺→冠水 高濃度放射能汚染水→滞留水 老朽化→高経年化

 福島第一原発事故をめぐる政府や東京電力の記者会見では、しばしば珍妙な用語が飛び出す。「事故」と言えばいいのに「事象」が使われる。「老朽化」は「高経年化」、「汚染水」は「滞留水」に。
「危険性を隠したがる原子力界の潜在意識の表れだ」と指摘する原子力の専門家もいる。
ヘンテコな原子力用語を検証した。 (谷悠己)

 まず、政府がしきりに使いたがる「冷温停止状態」。
「冷温停止」の本来の意味は、定期検査などで原発の運転を止め、密閉された原子炉の中で冷却水が沸騰していない安全な状態のことだ。

 政府などは「状態」を加えた「冷温停止状態」という言葉をよく用いる。
事故収束に向かっていることをアピールするためのようで、細野豪志原発事故担当相は「慎重な表現を使っている」と強調する。
しかし、原子炉の密閉性が失われて高濃度汚染水が大量に建屋内に残っている現状は、「冷温停止」の状態とかけ離れている。

 原子力界では、言い換えや造語で、危ない印象を消し去ろうとの動きが続いてきた。
 全国には、運転をはじめて三十年以上たつ原発が二十数基ある。
記者会見で、「原発の老朽化」を問うと、担当者は必ずといっていいほど「高経年化につきましては…」と言い換えて答える。

 「古くなった部分は取り換えるから、(原発に)老朽化はあり得ない」のが原子力界の「常識」だという。
しかし、圧力容器や格納容器など主要部分は交換できない。
 建屋にたまった放射能濃度の高い汚染水を「滞留水」と言い換えて呼ぶのもひっかかる。
表面の放射線量は毎時二〇〇〇ミリシーベルト超もあり、汚染水の方が実情に合う。

 汚染水を浄化して出る高濃度の放射性汚泥は「廃スラッジ」と言い換えているが、同様に人が近づけるような放射線量ではない。
言い換えは、問題を見えにくくする。
 片仮名、英字も多用される。ウランに毒性の強いプルトニウムを混合した核燃料は「MOX燃料」と呼ばれる。プルトニウムの使用が最大の特徴だが、「P」の字は含まれない。
 極めて高い放射線量のため、いまだに建屋内の様子がよく分からない福島第一3号機でもMOX燃料が使われている。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011120402000034.html


温暖化→気候変動みたいなもんか



これが通用するのはジャップだけ
実際通用してるし



除染→再表面化



ビニールシート→飛散防止隔壁



太平洋戦争で、「退却」を「転進」、「全滅」を「玉砕」と言い換えてたのと一緒
言い換えて何かを成した気になるのは日本の伝統だから気にするな



敗戦→終戦
占領軍→進駐軍



まるで、大本営の「転進」だな。
裁判官が使う言葉でさえ民間にやさしくなっている時代にw



爆発」を「大きな音がして煙が上がった」っていうのはどうよ



ただちに影響はない。ってのもとんだ詭弁だよなぁ



東電が用語変更するのはともかくとして
マスコミがまんま使ってる気がするのはなんなんだよ

>>
昔のマスゴミなら

汚染水
汚染水(滞留水)
汚染水いわゆる滞留水
滞留水と呼ばれる
滞留水

みたいな感じで馬鹿な視聴者を騙しながら段階的に変えていったのに
いきなり変えてくるから完全に共犯だよな。



婚前妊娠 → さずかり婚
売春 → 援助
窃盗 → 万引き

言葉狩りって、狩ってる方が必ず悪だよな



原発事故→人災に改名しろ
DASHが人災と言ったことを俺は評価する



表現に気を使うとかじゃなく保身に走ってるだけだからたちが悪い



安全 → うそ



見苦しいったらありゃしないわな
黙ってコツコツ事後処理してりゃいいのに
あれやこれや裏工作したり隠蔽したり手に負えんわ



東電様が偉いのは当然のこと
農作物から放射能が検出されても「風評がー」となって
東電じゃなくて日本国民の責任になるくらいだから



被害者の福島県民まで「風評被害だから福島が危険とか言うな!」つってるもんな
アホじゃなくてキチガイ
一部の変な人がじゃなくて県内のかなりの部分が



日本国民が放射性物質を多く身体に取り込んでいる事象について

>>
放射性物質→高エネルギー体放出物
身体に取り込む→受動的に摂取する
安全だな



ボーナス→事故処理特別手当



政治家と同じだな。
簡単な話を、熟語使いまくって煙に巻く。
英訳してみると、何十分話そうがスッカラカンの内容。



水素爆発の時も、

東電「えー、そして原子炉の内部と、外部の圧力が、変化して同じになるという現象が……」
記者「……それって、爆発じゃないんですか?」
東電「えーそういう呼び方をすることもあります」

とか言ってたぞ


>>
深夜の暴露会見がある頃は楽しかったな
プルトニウム調べない調べない実は検査に出してましたーとか最高だったわ



タダ働き →サービス残業



溶け落ちたのがほとんどだから
損傷した燃料棒って表現もあまり適切じゃねえよな



経年変化→高経年化か
面白い言い換えつくるもんだな



保安院→原発推進の口実を作る委員



地震のマグニチュードもこっそり計算法を変更したな。
従来の気象庁マグニチュード(Mj)なら8.4なのにモーメントマグニチュード(Mw)で9.0になった。



便利すぎて一般化してしまった国鉄用語
故障や欠陥とまでは言わないが困ったことになった→不具合



隠蔽気質だよなぁ…
外面の作り方は中国とは真逆なのにな
日本の家は外は綺麗にしてるけど中に入ると片付いてなくて汚いことが多い



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 国内 > 東電が用語変更に必死 事故→事象 水棺→冠水 高濃度放射能汚染水→滞留水 老朽化→高経年化

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。