情強速報

スポンサーサイト   はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風力はやっぱり無理なのか?北海道の風力発電所、10年で廃止   はてなブックマーク - 風力はやっぱり無理なのか?北海道の風力発電所、10年で廃止

12012501.jpg
オホーツク地方で唯一の風力発電施設の北海道興部(おこっぺ)町風力発電所が修繕費調達難のため、完成から約10年で廃止となった。
東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故後、風力発電が注目されているが、小規模風力発電施設が直面するコスト高の課題を露呈した格好だ。
同町の風力発電所は2001年3月に完成。
風車1基で、建設費約1億9000万円のうち独立行政法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」がほぼ半額を、町が約5000万円をそれぞれ負担した。
町の農業研究施設に電力を供給、余剰分は北海道電力に売電し、売電収入は約9年半で計6170万円。6430万円の維持管理費とほぼ均衡していた。

しかし10年10月に欧州製の部品が破損。
交換には高所作業も必要で、修理に約4000万円かかることが判明した。
修理費は全額町負担で、町は「コスト面で運転再開は困難」として、昨年11月に発電所廃止を決めた。風車を固定し、モニュメントにする予定だ。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120124-OYT1T00227.htm?from=main8
(元スレ)


×モニュメント
○晒し者



そして沖縄海洋博のアクアポリス、大阪万博のエキスポタワーのように
絶賛放置プレイサビサビのぼろぼろになって解体撤去になるまでさらし者に



1基だけだったのが問題だよ!
10基で全基故障なら分かるが運用に問題があったんじゃないの?
まず風力や太陽光で儲けるなんてのが間違えだよ元が取れればいい方じゃない。

>>
元を取るどころか
維持費で大赤字
あなたが払ってくれれば継続できると思うけど?



風力発電の使い道って「エコしてます」アピールだからな



だから電力料金を値上げすれば採算はとれるんだよw
それをあれも嫌だこれも嫌だと駄々をこねる香具師が大杉



風車の重低音も十分公害だからなあ・・・



海上風車なんて、メンテナンスもっと大変だよ。
世界的なエコの流行がなければ太陽光発電や風力発電なんてガラクタ。

原発なら 夜間電力や廃熱で温水を作り、
それで屋根や道路の雪を溶かすシステムをつくれば、
雪国の巨大な熱源になる。
太陽光発電も風力発電も到底そんな力はない。



10年前の風力発電か
無理して作ったんだからダメなのも当然



経済性という観点なら、風力発電と火力発電のどちらが、国内に資金が回るかなども考える必要がある
その点で風力発電の方が勝るのなら、まだ稼動し続ける意義はある
ただし、その場合自治体単位で予算を組むのは不合理になる
何故なら、国家規模の資金の話をしているのだから



落雷も多いし台風被害も酷い
普段あまり意識してないけど日本て世界の中でもかなり厳しい自然環境なんだよ
だからコストが高くなる



風力発電はだめだよ。
規模の割に騒音や場所の確保発電量に問題が多すぎる。

あんなものメインを担う発電にしたらだめ。



小さい風車を全ての電柱につければいいだろ
規格統一して大量生産すれば1台1万くらいだろ
これを全国に100億台も設置すりゃエネルギーまかなえるよ

>>
そのメンテ費用で電力会社が死ぬわw


>>
無風から台風まであって、安定供給できるわけないだろ



10年前にオロロンラインで見た風車は感動したけど
あっちこっちに作るようになって
風景をぶち壊すものだと感じるようになった



太陽光発電 スペインの教訓 ― 固定価格買い取り制度の光と陰
・・・・・・・
買い取り価格はこの間、市場価格の約9~10倍と異常に高かった。
カルサーダ博士の試算では100kWの太陽光発電施設の 投資収益率 は 17% にのぼる。
10万ユーロを元手として25年間投資すると500万ユーロとなる程の利回りが保証された投資だったわけである。
スペインの30年物国債の利回り5%弱に比べるといかに有利な投資であるかは一目瞭然であった。

08年には累計設置容量が一時的にだがドイツを抜いて世界一になった。
スペインでの太陽光発電設備の増加は制御不能の状態だった。

スペインの教訓は明白である。
あまりに経済合理性から離れた高値の買い取り制度は、一見、太陽光発電の促進に役立つように見えるが、
最終的には電力料金の大幅引き上げによる国民負担と、それに伴う経済への影響や 
企業の国際競争力喪失という犠牲を強いることになった。
たびたびの政策変更によって政府の信頼性も損なわれた。

スペインほどではないが、太陽光のFIT政策の見直しが進むドイツに関しても、
国際エネルギー機関(IEA)では、CO2削減の限界費用が1tあたり1000ユーロにもなるとして、
「高値のFITは費用効果的ではなく、これ以外の政策の採用」を勧告している。



狭い国土にこそ、広い面積が必要のない原発が 向くんだよ。
理系は 事故の原因を調べて 事故が起きないように改良することを考える。
もうすでに アメリカでは 新型炉が認可されている。

文系は 改良して前進という発想がないから、
今までのもので駄目という発想になる。
その発想なら、墜落が相次いだ飛行機の発展はなかったwww 



原発はコスト回収でけたのか? あんな事故起こしてさ。コスト重荷で廃止だろ。
こんな小さな風車一つ廃止されたからどうだっつうのよ?



北海道や東北は、人口減少と急速な老齢化で、冬の雪下ろしが大変になる。
しかも、太陽黒点の活動の活発化から地球はこれから寒冷気に入るという予想もあるから、
降雪が増える可能性が高いので、ますます雪下ろしが大変になる。

そのような北海道や東北の発電手段には原発が最適。
原発なら 夜間電力や廃熱で温水を作り、
それで屋根や道路の雪を溶かすシステムをつくれば、
豪雪対策のための巨大な熱源になる。
太陽光発電も風力発電も到底そんな力はない。
そもそも冬の東北では使えない。
世界的なエコの流行がなければただのガラクタ。



風力は採算がとれるよ
ある程度の規模にしないと駄目だがね
国が10万基設置すると宣言すれば一気に普及するぞ
コストもさがるしね



他の分野のベンチャー企業は、自分のリスクで、研究開発や建設のための投資を
集めている。
品質が悪くて高い製品を消費者に無理矢理買い取らせることで事業として
成り立たたせようなんて なに甘えてるんだ。
消費者の全員が、太陽光発電や風力発電を 高値でもいいから使いたいなんて
考えているわけではない。
しかも、地球温暖化防止の必要がなくなれば、
太陽光発電や風力発電の電気が消費者に使ってもらえるかどうかは
電気料金だけ。



そもそもバックアップの存在が無いってのがありえない
たった一機で何をしたかったんだろう
地産地消エネルギー確保?発電事業誘致?
事業化してまた税金の無駄で終わらせたか
こんな事業ばかりで消費税を上げていくのは変だろ

小規模水力発電だって事業化してもコスト意識無いから廃止や休止に追い込まれてた
震災で着目されたけど商社が高効率な発電設備運営提供で効果挙げてる
単にやり方が間違ってるだけ、改善点や問題点が何も提示されていない
茨城神栖の海上発電施設は津波にあっても設備破壊は免れたし実績も伸びてきている
お役人様の運営手腕が下手過ぎる



赤字でも、コスト高でも、自然エネルギーを推進するってのはそういうことだろ。
安くても原発はいらんよ。


>>
お前は いらなくても、産業にはいるんだよ。
あのドイツでさえ、産業界は 原発廃止に怒っているんだ。

産業にとって安くて安定な電力がどんなに重要か まったく無知無関心の文化人(哲学者とか宗教家)や
イデオロギーで原発に反対するサヨク言論人 の多数意見で決められた原発廃止の決定に、
ドイツ産業界は激怒している。



風力発電をすれば電気は売り放題で大金が手にはいり
観光客が沢山やってきて
工場もいっぱい建って
10年もすれば東京みたいになる

って思ってたんだろ
田舎者ってそのレベルのアホしかいない



一般的に補助金で建てたのは採算性に甘い
箱物と一緒
あとは10年前だしな



メンテナンス費用と故障や寿命の試算がずさんすぎる。
まともにやっているところはない。公表さえしない場合がほとんど。
補助金があるから、エコだから、仕事になるからという理由で、
嘘と誤魔化しでやっているから、故障やメンテ費用で赤字の垂れ流し。赤字補填ができなくなった時点で、
終わり。すべての風力発電がこれ。例外はない。つまり、やっている奴が詐欺師なんだよ。

高値買取保証がないのに、高値で買い取ってくれるという希望的観測で、
事業始めるバカがどこにいる?つまり、税金という補助金を使った、新たな箱物。

脱原発バカは、反省しる



モニュメントとかいってるけど
本当は解体費がないだけだろ



政権交代してから風力発電の買い取り価格が下がった。
途中で買い取り価格が下げられればこうなるのは当たり前。
現在、再生エネルギーの買い取り価格が検討されているらしいが。



つくばの風車より維持費分の発電しただけマシだな

>>
つくばの風車は
風力の弱い学校の校庭に風車を設置するインチキ企画で予算を得るために
はじめから発電量無視して計画書をごまかしてたからな



そもそも補助金頼みで自立できないことをやるのがイカン。
去年から英米独もスペインも激しく反省・見直しを始めている。

>>
原発だって財政的・政策的に国の様々な補助の下で成り立ってるわけだが


>>
何だかんだ言ってもその補助を補う位の発電はしている。
というか原発の補助金の大半が原子力開発に名を借りた地方交付金。
風力は補助に見合った発電も出来ない上にベース電源まで必要。



風力よりも高効率太陽電池,バイオエタノール,燃料電池,核融合の研究を優先すべき
風力は問題多すぎて実用には向かない。それに温暖化防止のためなら森林伐採や景観破壊が許されるとか
めちゃくちゃだし。



脱原発バカに騙されて、風車建てました。
赤字垂れ流しで風車止めました。

高値買取をしてくれないのが悪い
風が吹かないのが悪い
故障して運が悪かった
外国製だったのが悪かった
メンテナンスに費用がかかりすぎた

誰も責任を負わないで、数億円が消えました。



日本製なら問題無いのに・・お高いけど新型は無駄に丈夫。



海外メーカーの風車を導入するのなら維持自分達が管理しなくちゃ
とてもじゃないが採算合わないよ。
あれだ、輸入車買って営業に言われるままに車検や整備をディーラーへ
出すのと、専門店を探して賢く整備する違いと一緒だ。



一基だけなの?
風力は最低10基くらい並べて運用しないと故障したときやばいだろ
風力がだめなので原発作りますってわけでもないんだろうし
これを根拠に風力をダメ扱いするのは違うと思う
最初っからモニュメントみたいな扱いだったんとちゃう?


>>
町中心部の集落近くの丘に一機だけぽつんと建ってる。
北海道は冬場の方が電力需要が高い上に風もその時期の方が吹くから効率も良い。
なので風力は有りだと思うけど孤立した地域に1機だけってのは維持費が跳ね上がって無理。

沖縄は夏場の電力需要が高い時期の発電効率が低いので、余り向いてない。
台風も強烈で、宮古は最初に建てた奴が全部倒壊した。



風力はケースバイケースだよ。風の吹き方が違うからね。
風が安定して吹くとも限らない。
平年並みの風が、10年連続で吹かなかったという地点さえあるよ。
風力だ地熱だと言う前に、経営主体や責任体制をどうやってしっかりさせて運営するのかの方が重要だよ。

税金を箱物方式で使っていたら、まじ、日本は潰れるだろうし、風力だって、まともに動かないだろ?



問題は茨城だな。

洋上風力発電計画とかわけわからんことやろうとしている。
風力は別に悪いと思わんが、この間も台風で陸地の鉄塔が倒れたばかりの
茨城で洋上風力とか正気の沙汰とは思えん。



とりあえずソフトバンクも東電の原発と同じで
お国から金もらって(電力買取価格の大幅値上げと土地をタダ同然でもらう)
はじめて採算とれるんだろ
やってること変わらないではないか。

それならメタンハイドレードの採掘技術確立するほうが安上がりな気がするんだが…



今の風力発電って自然エネルギーだから発電が不安定ってのはとりあえず置いておいて
・山の上に設置する為にインフラ(道路)工事が必要(自然破壊)
・自然災害等で破損すると保守費用が高額
・騒音や低周波音の公害が発生

日本での設置になんら良いところが見いだせないんだけど



平野だらけで農民くらいしか住んでない地域がたくさんある欧州の風力と一緒にすんなよと言いたい。
ソーラーだって中東の砂漠みたいに年中晴れてるわけでもないからな。
風力よりもメタンハイドレードだ。
さっそと掘ってくれー
それに電気自動車が普及すればエネルギー自給率も上がるのに。



欧州は偏西風が常時吹く、海が遠浅と風力発電所に向いた地理条件。
日本は季節によって風向きが変わる、台風が来る、雷が多い、海がすぐ深くなる、と条件が悪い。
欧州のようにできるわけがないんだよ。



金が絡むとどんな学者でも途端にアホになる仕組みをどうにかしてくれ



これが現実だな
欧米の自然エネルギー会社は次々と倒産しているじゃないか
全然採算とれないのだから当然なんだけど
だいたい国からの補助金なしではやっていけない状況からして、事業として成り立つわけがない



最近ソフバンのハゲに洗脳されて原発の代わりは自然エネルギーしかないと
思い込んでるバカが多すぎる。
コスパ考えて今まで通り火力に戻せばいいって考えには至らないのか?

火力だとコストが増えると言われてるけど原発に使ってた補助金分全部を燃料代の補助に充てればむしろおつりがくると思うんだが…

>>
CO2輩出=地球温暖化・オゾンホールと
石油資源の枯渇問題をどうするかだな

どっちも嘘だ!という陰謀論もあるが、真実はこれまた闇の中


>>
補助金だけで4500億、ギャグとしかおもえん、
2MWの風車1台4~5億だから1000台建てられるなw



電気料金が上がって経済がどうなるか見ものだな。
5割増しくらいになったら原発再稼働するだろうよ。



5割増しですむかね?
経済危機で色々と大変なイタリアのレベルなら、2倍は覚悟しなきゃ。

そして昭和後半に何十年も掛けて地方に造成した工業団地の企業は海外移転。
日本の田舎には農業以外の産業が無くなり、失業率の増大と倒産の嵐。

地方民は、平成の世に大都市に出稼ぎ(農閑期)や集団就職(若者)で生活するようになるだろう。
昭和30年代の生活に戻るのさ。



家庭に供給する電力はクソ品質でも停電しまくりでも構わないのだよ。
どうせ冷凍庫の中身が溶ける程度である。

問題は産業用電力の品質。
ラインの機械が停電で停まれば、その時流れていた全てが不良品になるし、
交通機関がストップすれば、膨大な損失が発生する。

日本は外国と交易して国家運営をしておりますから、外国へ売る商品が不良品では困ります。
工業用電力の品質確保は重要。


>>
系統を少々いい加減に管理しても停電などおこらんよ
せいぜい周波数なり電圧なりが乱れる程度、普通は問題にならない

ところが一部の製造業等ではこれが大問題になるんだよね
瞬停やわずかな電圧変動で製品が全部パアとか
だから電力会社は高いカネかけて「高品位な電力」って奴を維持してるわけだ

このシステムの問題点は大半の需要家は必要もないのに高品位な電力を高いカネで
買わされてるという点



電力会社を保護するために
個人への売電が禁止されているのが、最大の障害。
小規模発電で、近所の民家への売電が認められれば、もっと採算性は向上する。

>>
電柱もたてないとなw

よもや、電力会社の送電網をただ乗りする
禿げみたいなことを言わんよね?



1950 戦前の原油供給停止措置や石炭燃料の枯渇を鑑みて原子力発電を検討(EBR-1・商業原発稼動)
1960 日本発の原発始動
1970 オイルショックでエネルギー問題が現実的に
1980 更なる原発開発着手(次世代もんじゅ計画含む)
1990 改良型原発稼動
2000 燃料高騰、温暖化問題、従来型エネルギーの見直し
2010 次世代エネルギー、再生可能エネルギーの確保

どっちにしてもモノにして新興国や途上国へ売り込み
これが日本の生きる道



太陽光パネルを屋根に敷き詰めてる家をよく見るけど、実際問題あれって全消費電力ぶん自給できてるのかね
夜は発電できないし、家庭用蓄電システムはとんでもなく高額ってことを考えると
夜は普通に電力会社に頼ってるとしか思えないんだが

>>
5kWhぐらいの蓄電池があれば、ほぼ自給できるらしい。

>>
家庭用バッテリーは燃料電池ユニットのオプションとして最近売り出したけど、
そのバッテリだけで価格が数百万円で、バッテリの劣化等で維持費がかかる。

独立電源に近づけるほど発電コストが高騰する。

>>
それで電気自動車をバッテリーとして使う抱き合わせ商法が賢い選択として売り出されてるよね
電気自動車、職場に乗っていけないじゃんw



こうやって足を引っ張るやつがいるせいで
日本の産業構造は固定されて新興国に抜かされるんだろうな。
なぜコダックが潰れたのか理解できないらしい。



風が通る一等地は限られているから、大規模ウィンドファームになるほど
効率の悪い風車が発生してしまい、総合発電量<発電量×台数となる。

結局、回っているだけで役に立たない設備。



外国製の風車が多いからメンテ代も高いし
自治体のは壊れても予算が無いからすぐに直せない
全国で相当数の風車が働いていないはずだ。



何千基も外国製を導入したらサポート体制だって出来上がる。



空港の利用者。
ダムの土砂流入量。
風車の維持管理費。

全部、実情予測ではなく採算性から逆算してるから破綻する。
腹黒係数5倍がゾロゾロでてくるダムが最悪だが



だから、個人への売電を法律で禁止しているのが根本原因
個人への売電禁止は、電力会社を保護し既得権益を守るために行われている。
個人への売電を解禁すれば、小規模発電でも採算が取れるようになり
日本中で小規模発電が盛んになる。
当然ながら電力会社の利益は減る。





Comments

name
comment
情強有識者さん : URL

#- 2012.02.03 Fri 12:27

にまらにらになくるれ




comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 国内 > 風力はやっぱり無理なのか?北海道の風力発電所、10年で廃止

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。