情強速報

スポンサーサイト   はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベーシックインカムを導入したある国の末路 国民総ニート化と総肥満化 財政破綻してすべてを失う   はてなブックマーク - ベーシックインカムを導入したある国の末路 国民総ニート化と総肥満化 財政破綻してすべてを失う

12032301.jpg
ある国の繁栄と崩壊の物語?「ユートピアの崩壊」
ナウル共和国。太平洋に浮かぶ、国土面積がわずか21km2の独立国家でバチカン、モナコに次いで小さく人口も1万人程度しかいない。この国がたどった歴史はまるで寓話のように"よくできたストーリー"であり、作り話のように思える。

しかし、本書で詳しく語られるナウルの物語は純然たる実話です。全国民へのベーシックインカム支給、税金はタダ、電気代、病院代も無料、結婚すると新居を国が与えてくれる。加えて、国民所得は世界トップレベル。しかし、繁栄は長続きせず、富、文化、環境を失い、石器時代に戻ろうとしています。ギリシャ問題など比較にならない、現代における史上最大の破綻国として、この小さな共和国は名を残すことになるでしょう。

この富の源泉はリン鉱石です。膨大な時間をかけてアホウドリを始めとする海鳥の糞が堆積されることで生成されるこの資源は、良質な化学肥料の原料となるため高値で取引されます。島全土で採掘が可能なこのお宝を彼らはとにかく掘りまくりました。その結果、1人あたりのGNPベースで日本が1万ドル弱、米国でさえ1万4千ドル程度だった1980年代初頭に、ナウルは2万ドルを誇るまでになります。

「リン鉱石立国」として1968年に独立国家となった彼らの繁栄は、無計画な採掘により15年と持ちませんでした。採掘できる資源には限りがあることくらい、彼らでも分かってはいたのです。リン鉱石で稼いだお金の半分は国民に分配され、残り半分は政府により国外への投資に向かいました。

国民は一周30分で回れる狭い国土に不要だと思える高級外車を買い漁り、食事は外食しか行わなくなり、海外にショッピングに出向き散財しました。驚く事に彼らは働いて稼ぐことを知りません。欧州諸国に"発見"される前は主に漁業で自給自足の生活をしていたのですが、イギリスの植民地時代には強制労働に徴用され、そして独立後はリン鉱石の輸出により何もしなくてもベーシックインカムで金が勝手に口座に振り込まれるようになりました。

リン鉱石の採掘作業を行うのは専ら中国人などの出稼ぎ労働者達であり、小売りや外食店を営むのも外国人達。彼らはただ消費するだけでした。その結果、富は失っても、いまだにダントツで世界一の肥満国(2008年のWHOの調査によると、国民の79%が肥満)であり、多くの国民が糖尿病で苦しんでいます。リン鉱石が枯渇し、国に唯一あった国立銀行も破綻して預金の引き出しも出来なくなった今では、働いて稼ぐ経験をしたことがない彼らは、生きていくには漁業による自給自足の生活に逆戻りするしかないのです。かつての遠い祖先が行っていたように。

政府は何をやっていたのでしょうか。先に書いたように、採掘できる資源には限りがあることくらい、彼らでも分かってはいたのです。しかも、1990年代から2000年代初頭には掘り尽くしてしまうことが、独立の頃から分かっていたといいます。その対策として、政府がやったことは、海外への投資です。オーストラリア、ニュージーランド、ハワイなどのホテルやマンションといった不動産をとにかく買いまくりました。リン鉱石しか資源がなく、狭く観光にも適さない国家の取り得る選択肢として海外へ目を向けるのはある意味必然だし、それしかないでしょう。

結局、これも失敗でした。財務大臣でさえも、ほとんど金融知識をもたない素人だったため、海外からやってくるあやしげな連中に手玉に取られ、多くの資金が知らぬ間にどこかに消えてしまう始末。リン鉱石もダメ、海外投資もダメとなって、ついには国家ぐるみで犯罪を助長する行為に手を出し(マネーロンダリング、不法パスポート発行等々)糊口を凌ごうとするのですが、焼け石に水。その上、当然ながら世界的な非難を浴びてしまう。

ナウルの状況はダイヤモンド著ので語られるイースター島の崩壊の物語を彷彿とさせます。ナウルと同じ太平洋の小島イースター島は、無計画な開発と環境破壊を続けた結果として、ついには資源を消費し尽くして文明が消滅してしまい、島民の生活は石器時代に戻りました。

両者の大きな違いは、イースター島は他の文明と隔絶され閉鎖された空間に存在し、また、森林破壊等が国土に与える影響を科学的に分析・理解できる時代ではなかったのに対して、ナウルは地理的にはイースター島と同じく世界の果てに位置するにせよ、他文明と隔絶するどころかむしろ積極的にグローバリゼーションの波に乗って行き、それに飲み込まれた結果として崩壊に向って行っている点です。また、それが持続可能ではないことも彼らには分かっていた(けども止められなかった)という点も見逃せません。
これはナウルだけの問題なのか、考えさせられます。
http://blogos.com/article/34249/?axis=p:2
(元スレ)




だからといって年金というネズミ講を続けていい理由にはならんがね。




ニート的には別にいいわ
どうせ人生終わってるし




これ読んで日本も同じ事になると思う奴いないだろ
べーしっ君




これはBI制度の問題とはまた別の気がするが。




小さい国だからいつかはこうなるわけで
ならばパーッと使ったんだし良かったと思うけど




そら税金もタダで何もせんかったらそーなるわな(´・ω・`)




滅ぶ結末を全員が知りつつもなんかほっとかれてるという状況は
なんでこんなにいろんなところに転がってるんだろうな




全く質が違う話だな
日本のは福祉の簡素化でシステムに寄生する公務員バッサリやる話だろ




違うよw
銀行が機能不全になって、金融政策が限界がでたので
直接消費者に印刷した金ばらまくことで、金回りをよくしようというのが本来の研究されていた施策
福祉政策や、社会保障政策なんて二の次で副次効果だったんだが
経済音痴が介入して、誤解が広がった。
維新の会が検討しているのも、徴税による財源というものを念頭にしている点で
明らかに誤解された欠陥政策を検討している。




宝くじとか大当たり馬券を当ててしまった奴のなれの果てと同じじゃん
これBIの例えじゃないだろ




資源に頼りっきりな国と比べないでもらえます?




これ、今のサウジとかも同じね
サウジ国民にはベーシックインカム支給してるようなもんだから




ナマポ廃止と治安悪化に備えて警察官増員するのが一番良いな。




BIは既得権益者と非既得権益者の格差を縮めるために必要な政策。
既得権益者の利権を排除できるなら必要ないができないから必要な政策。




そりゃベーシックインカムは、「貧乏人が楽して金だけもらいたい」政策に他ならないからな。
こんなアホな政策なんか実行不可能と思ってたら、実行したアホな国があったのかと。
そりゃ国も破綻するわw

ワープアを救う政策は決して金をばらまくベーシックインカムなんかじゃない。
一本の縄を支給すれば終わりだ。




ナウルは国土のほとんどが採掘の穴だらけで、
さらに雨で地盤が溶けてしまって(秋吉台みたいな感じ)、もはや更地にするのも不可能なんだよな
本当に詰んでる




これ、JA のことじゃん。

いつかわなくなる資源(日本の補助金)を浪費。
海外投資(JAのサブプラ損失は日本一巨額)
労働は外国人に丸投げ。




ベーシックインカム=戸別所得補償




人間の本質は怠け者だよ。
働かなくても食えるなら誰も働かない。




マイクタイソンの名言

思うに福祉ってのは最悪だな。
クラックより酷い中毒になっちまう。頼っちまうんだ。
ただで何かを貰うのがどれだけ楽か、分かるか?
何もせずにただベッドに寝て、色んな男とヤりまくって、
子供をゴロゴロ作ってればそれだけで福祉の金が入ってくるんだ。
そんなことをしてれば、すぐにモラルも倫理も仕事に対する価値観もなくしちまう。
福祉ってのはそういうもんだよ


ただでお金がもらえるようになったら、日本でもこうなるよ。
間違いない。
福祉の簡素化やら富の再配分は「目的」。
「何もしなくてもお金が入ってくる」という「結果」に目を向けろ。




支給額が月8万円だとすれば1人あたり年96万円
1億2500万人に96万円配るには年120兆円が必要になる
財源どーすんの?




結局国の富を15年間で使い切って残りの世代に付けを回したってことだろ。
今の日本と同じじゃん、いわゆる団塊世代が50年くらいかけて日本の富を使い切ってる。




一方ブルネイはインテリ労働者だらけになっていた

ブルネイ(wiki)
石油、天然ガスの輸出により、非常に経済は潤っている。
2010年の一人当たりのGDPは約28,000ドルであるが、医療費が無料であることや所得税がないため、購買力では名目の数字より水準が高い



biが駄目なんじゃなくて最初から労働と言う概念の無かった国だから




日本がbi導入しても資源が無いから贅沢して喰い散らすみたいな生活出来ないから
贅沢したい奴は働くって形になると思う




アホとしか言いようが無い
日本の富は過労死に過労死を重ねて
精神崩壊寸前までがんばって
築いたものだ




都合の悪いスレから目をそむけるBI信者たち




ベーシックインカムは賛否両論あるかもしれないが、現行の社会制度の見直しは必要だよな。
四十何年掛けてきた年金より、生活保護の方が沢山お金もらえるのはおかしくない?
年金と生活保護と失業保険は一つに統一出来ないの?
無収入であるという点で受給者に変わりは無いんだし。
制度にタカる外郭団体とかも纏めて整理すれば、お金も浮くだろうし。




人間は弱いからな(・A・)
怠けられればとことん怠ける
よっぽど強い思想(無職は恥、働くことは美徳とか)でも植え付けられてない限りは腐りに腐るだけだ(・A・)




日本人は働き者だからな(・ω・)
ほっといても全員働くだろうよ

>>
日本人は怠け者だよ
働かなきゃ生きていけないから働いてるだけだ




日本も笑ってられないだろ
借金し続ければいつか破綻することは分かっていたのに
湯水のように老人向けの年金や医療費を払い続け日本人の
生活は弥生時代に戻りましたじゃ話にならん




派遣はきつい
どのために頑張っているのかわからない




何十万、十何万も要らないんだよ
本当に何にもしなくていいなら月3万でいい。5万くれるならボランテアしたっていい




破綻する国は規模が違おうがみな同じ
アイスランドだって終わり方はここと同じ




福祉は資産と収入に応じたシンプルな制度にするべき。
生活保護と失業保険ぐらいでいいよ。
ホントに困ってる人を助ける最小のものにする。

不公平な補助金、給付金とか全部やめろ。
乞食手当て、育児休業給付金、コメ乞食所得補償とかやめろ。

金持ってるひとにまでこんなばらまきするなよ。




いぜんはナウル航空の国際線が鹿児島に乗り入れてた
そのうち駐機料か空港の使用料が払えないとかで他所の空港で
立ち往生したまま廃止になったような記憶が
それと鹿児島と姉妹都市でもあったはず。




ナウルが亡国へ突っ走り始めたのは第2次世界大戦後
>>1はイギリスの植民地だったことしか触れてないけど戦時中はドイツの占領下で戦後は1968年の独立までアメリカが統治してた
リン鉱石マネーをむしり取ったのもほとんどがアメリカ企業で>>1で言われてる「高級外国車」はほぼアメ車
糖尿病の原因になった高カロリー料理を出してた外食店もアメリカのチェーン店

ここまでくればナウル政府に海外投資を勧めたのがどこのファンドなのかも簡単に想像できるだろう
なんでそういうところを隠して伝えるかね
そんなにアメリカが怖いんだろうか




昨日のNHKのブータン番組見て
小国には小国なりの生きる道があると思った。




1人6万円でも4人家族なら24万円。
田舎なら十分暮らせるよね。
さらに子沢山になれば都市でも余裕。

働かなくても食えるなら、人間は働かないよ。
日本人だって本質は怠け者。
日雇いの土方とか昼間からパチンコやってる連中の会話聞いてみろよ。
本当に程度が低くて勤労意欲なんてないやつがたくさんいるんだよ。




破綻確定の年金制度を続けた国の末路は?




だから資源の多寡とかの問題じゃないんだって。
「働かなくても食っていける」ってことが一番の問題なの。
日本でBI導入しても、もって3年で破綻するだけ。




働くと食えない・働かないと食える

この現実がある限り何の問題も解決しないよ




じゃあ働けば裕福になれるのかというとそうでもない




国家公務員が増長した国の末路は?
EUのお荷物国家が寄生虫みたいな公務員に食いつぶされてたよね?
そっちのほうが日本にとって切実じゃあないですか?
ねえねえどうなの?




自分がこの島の住民だったらどうしたらよかったんだろう。
後だしジャンケンでも思いつかない




それでもええからベーシックインカムくれ。




ベーシックインカム導入例

 その1 ナミビアのOtjivero-Omitara村の60歳以下の住人930人。

 その2 ブラジルのサンパウロ州のカチンガ・ヴェーニョという100人程度の農村。

 その3 アラスカの『アラスカ・パーマネント・ファンド(アラスカ永久基金)』。

 その4 モンゴルの『人間開発手当て』。

 その5 イランの『現金補助金』。



Comments

name
comment
情強有識者さん : URL

#- 2012.03.26 Mon 01:05

ベーシックインカム支持するニートの多い事多い事・・・

: 承認待ちコメント

# 2015.05.27 Wed 20:38

このコメントは管理者の承認待ちです

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 海外 > ベーシックインカムを導入したある国の末路 国民総ニート化と総肥満化 財政破綻してすべてを失う

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。