情強速報

スポンサーサイト   はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気急浮上 津波・水害対策用 救命胴衣(ライフジャケット)   はてなブックマーク - 人気急浮上 津波・水害対策用 救命胴衣(ライフジャケット)

12042012.jpg
津波・水害対策用の救命胴衣(ライフジャケット) 人気が急浮上・・・「水害に遭っても命が助かる」津波・水害対策用の救命胴衣(ライフジャケット)がひそかなブームを呼んでいる。東日本大震災以来、防災意識が高まる日本列島。南海トラフ地震で想定される津波高が従来予測を大きく上回るなど、不安も広がるなか、救命胴衣は頼みの綱になりうるか?
救命胴衣を製造する貿易会社「カザワトレーディング」(神戸市東灘区)。04年のスマトラ沖大地震による津波でイタリア人の友人を亡くした加澤慶久社長が、「水害に遭っても命が助かる物を」と06年に開発した。

数秒で水面に浮き上がるよう改良を重ねた救命胴衣はフード付きで、頭部からお尻まで保護する。
救助隊に発見されやすいよう反射材や呼び笛も装備。気球にも使われる丈夫な生地を胴衣に用い、体温保持機能にも優れているという。

値段は大人用が5040円、子ども用が4725円。

加澤社長によると、近くに高台がない人からの注文や、企業が防災用品としてまとめ買いするケースが多い。
東日本大震災前は年間400着ほどだったのが、震災後の売り上げは月間約4000着に。
東海地震が想定される東海地方や四国を中心に売れている。

浜松市のウレタン製造会社「浜口ウレタン」も震災後、津波対策用の救命胴衣「フローティングプロテクター」(大人用3万円、子ども用1万5000円)を開発。2月から販売を始め、問い合わせが相次いでいる。

救命胴衣だけではない。エコ商品研究開発会社「コスモパワー」(神奈川県平塚市)は水に浮き、家屋の倒壊から身を守る一般家庭向けの球形のカプセル型防災シェルター「ノア」を製品化した。
4人乗りは直径1.2メートル(48万900円)。昨年10月ごろに販売を始めたが製造が追いつかない状況だ。

「人気」について富士常葉(ふじとこは)大社会環境学部の阿部郁男准教授(津波防災学)は「東日本大震災で津波への防災意識が高まったことと、津波避難タワーの建設が遅れていることが背景にあるのではないか」と話す。

12042010.jpg
http://mainichi.jp/graph/2012/04/20/20120420k0000e040170000c/image/001.jpg

12042011.jpg
http://mainichi.jp/graph/2012/04/20/20120420k0000e040170000c/image/002.jpg

http://mainichi.jp/select/news/20120420k0000e040170000c.html
(元スレ)


津波の犠牲者は溺死で亡くなったわけじゃないだろ
気休めにしかならん



あほすぎる
津波は水じゃなくて、泥だろ
巻き込まれたら浮かぶとかそういうレベルじゃないから



ガレキに押し潰されて圧死・溺死するのが津波被害。
だけど、津波の前に潜水服着て助かった夫婦が居たな。



これは凄いな

津波で流されてきたイージス艦と大型タンカーの間に挟まれても
助かるとは凄いライフジャケットだ

>>助かんねえよ阿呆かw
それより良いスニーカー買って
週2でも5kmぐら走る方がよっぽどいい。

時々災害時はブーツとか言ってる阿呆がいるが
絶対にスニーカーだ覚えとけ。
とにかく初動で生き残るのが大事で
そのためには全力で走れなきゃクソなんだ。



川で死ぬライン下りの客とかライジャケ脱げた状態で死んでんだぜ。
水の力甘くないよ。



津波なめんじゃねえ。ダイバーの俺に言わせれば10mの波がきたらライフジャケットなんて
関係なく水中にもっていかれる。上も下もわからないし浮上は無理。



この球体はサイヤ人の宇宙船並みの耐久力があるのかもしれん



叩こうと思ったけど、結構真面目な動機で作ったんだな。
土石流みたいな第一波の直撃はどうにもならんが、建物とかでそれをかわせば、
これでも何とかなるかもな。



濁流に飲み込まれた遺体とかは着衣が全て脱げてたり
手足がもげてたりするのに内水面の舟遊びじゃないんだよ



海上遭難者の死亡原因は、体温減少によるハイポサーミアです。

救命胴衣で助かっても、体温を奪われないやうに対策をする必要があります。



股のヒモが重要なのを知らないヤツが死ぬ。



無いよりは有った方がいいだろう
持ち歩く訳にはいかないが



こういう話題になると、きまって「絶対じゃねえだろ!」ってドヤ顔の奴が現れるが
常識的に考えてlifeジャケットはかなり有効だぞ
逆ぬ言いたい。謝家をなめんなと



>家屋の倒壊から身を守る一般家庭向けの球形のカプセル型防災シェルター「ノア」を製品化した。
>4人乗りは直径1.2メートル(48万900円)。
これに4人って、ギネスブックの電話ボックス詰め込み挑戦レベルだろ
>>
テレビで見たけどそんなに窮屈でもない感じだったよ
本当に大の男4人入って検証してみせてたが。
ただし、ほかのものを詰める余裕がないので、あまり
実用向きじゃないんじゃないかなぁと



全員助かるか全員助からないかの2択ではないからね
助かる人はあるだろう
着ていなければ死んだ人の中の何割かでも


否定的な意見も多いけど、このライフジャケットがあるのとないのとで全然生存率違うんじゃね?

>>
とりあえず否定から入りたい年頃なんだろ!



この記事ひどいね
津波に対してはライフジャケットなんて全く役に立たんと言っていいよ
車を押し流したり建造物を破壊する力をまともにくらったら生きてるわけがない
遭難遺体がどういう状況なのかちゃんと報道すべきだな



津波被害者の死因は「圧死」がトップだった気もするが、水死も少なくはないだろうし
着て損はないだろうな



津波・水害対策用 防災頭巾付き救命胴衣 子供用

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 開発 > 人気急浮上 津波・水害対策用 救命胴衣(ライフジャケット)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。