情強速報

スポンサーサイト   はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ソニーらしさ」「ホンダらしさ」   はてなブックマーク - 「ソニーらしさ」「ホンダらしさ」

no_img3.png
「ソニーらしさ」「ホンダらしさ」 今はどこに見られるのか!
1980年代から1990年代にかけ、日本の優れた工業製品は世界を席巻したが、今や昔。韓国製品や台湾製品、アメリカ製品にノキア等の北欧製品が世界ブランドとして、多数報道されている。
アップルやサムスン、LG、ノキア、エリクソンらよりも前に世界的に名を馳せていたブランドは、どこだったか。現在の30代中盤世代以降の多くは「ホンダとソニー」を挙げることだろう。

この2社には、常に「らしさ」がつきまとってきた。この「らしさ」というのはハッキリとはことばにできないのだが、ホンダの場合は創業者・本田宗一郎氏の開発魂をベースとしたCVCCエンジン、F1参戦、海外積極展開、ASIMO開発などが挙げられるだろう。

また、「ソニーらしさ」も同様に創業者・井深大氏と盛田昭雄氏の精神を受け継いだクリエイティビティに溢れる製品を国内初のトランジスタラジオ、ウォークマン、ハンディカム、AIBO、VAIOといった形で世に送り出し続けたことにある。

【ホンダらしさが表現された120秒動画を2本公開】
この2社は「らしさ」を今も持ち続けているのか。その一端はホンダが3月12日に公開した120秒動画「試す人になろう 篇」「負けるもんか 篇」に見ることができる。「試す人になろう 篇」では、研究所スタッフが車作りにどのように取り組んでいるのかなど、ものづくりをする現場の様子を撮影したもの。「負けるもんか 篇」では「何度でもやる。さあ、昨日までの自分を超えろ」というメッセージを伝えている。

【ソニーらしい採用――“ルールを変えよう”の波紋】
一方、2005年以降はテレビ事業の赤字が続いていたり、12日には約1万人の従業員の削減を発表するなど、何かと不振が取り沙汰されているソニーだが、今年の初頭、多くの人を驚かせたのが「ルールを変えよう」という採用コンセプトを打ち出したことだ。

http://www.news-postseven.com/archives/20120422_103838.html
(元スレ)


iPod touchで使ってたソニーのイヤホンが先週壊れた
まだ保証期間内だった
ソニータイマーすらまともに働かない製品作るなんて、とことん落ちたと思った
>>
単にお前の使い方が荒いんだろ?



ソニーもホンダも長いことゴミですよ。



ソニーらしさ=独自規格へのこだわり

ホンダらしさ=他社にパクられたときは文句言いまくるくせに、自分は平気で他社をパクる



空売り最高ww



そういうこと言うやつがその「らしさ」を定義しろまずは



トヨタらしさは今でも変わらないぞw



ホンダがちっぽけな国内競争のために
なんと中国企業と手を組んでハイブリッド技術を垂れ流し!!!

まさに売国企業!!!



どっちも創業者が死んでから歯車が狂っていった



ソニーらしさ→すぐに壊れる
ホンダらしさ→純正部品が高い

>>
異論は無い



ソニーらしさも、ホンダらしさもない
顧客が喜ぶ物を作れなくなった時点で終わってた
顧客の要望する物を作り始めたら終わり

意味わかるか?



糞な商品をステマで無理矢理売る
今のソニーらしさってこんなんだよなあ



ソニーらしさなんてもう長いことないだろ
ゲームですらハードとしての魅力も無くなってる
好き嫌いは別として、任天堂と比べれば一目瞭然。任天堂は常にらしさがある
>>
任天堂のキャラの長持ち度は異常
マリオとかゼルダとか2~30年使い回してるのがそのまま「らしさ」になってんじゃないの?



HV技術を中国に教えるホンダらしさ



ソニーらしさ・・・メモリースティック等独自規格にして、メモリースティックを売りつけるセコさ



どっちも輝いていたのは創業者たちがいた頃とその創業者と直接仕事をした連中のいた頃までで
今はただ一流企業だからってだけで入社してきた人達の会社になってるし、規模も大きくなりすぎてる。

このあたりの歳取って大企業病全開の会社に今さら過去の栄光を取り戻せとか無理ゲーだろ



らしさもクソもない、
商品に会社のロゴが入ってればその会社の製品らしく見えるじゃないか
グダグダ抜かしてないでいいもん作れいいもん



本田は飛行機とかロボットとか明後日向かって疾走してるし
ソニーは社長変わったばかりで成果うんぬんいう時期じゃないだろうに



ホンダはバイクが売れなくなってから、酷くなったな。

あとエンジンへのこだわりもなくなって
ホンダのメカ屋としての地位は消えうせた気がする。

ソニーはまだらしいんじゃね?
業績は悪いけど。オーディオ屋まだやってるだろ。



もはやこういう話題でソニーの名前を出すのもはばかれるレベル



「ソニーらしさ」「ホンダらしさ」 
結果出さないで、給与は、超高額。

アップルのジョブズは、ずっーと年間1ドルだった。
株式配当もなし。



だから旧来の大企業に代わるベンチャーが出てこないのが問題。
ダイソンもアイロボットもベンチャーだ。
小さいけど可能性があるベンチャーを応援する土壌をつくっていくべき。
>>
むしろ潰してる



創業者が居なくなると同業他社と変わりが無くなる
創業者が持ってんだな



スズキも創業者が強いけど、
爺さん死んだらどうなるんだろうな。



もう6年間くらい前、米国の大手IT企業の日本法人社長と雑談をしていた時、
彼は「日本企業があまりにもふがいない」という話を始めた。

「新しい製品を開発したので意見を言ってもらえませんか、
という依頼が国産メーカーから来ました。

ビジネスで直接競合していませんし、
知り合いを通じた依頼でしたから会いました。

一生懸命説明してくれた新製品の担当者に、
米国本社の幹部から私がいつも問い質されている質問をぶつけてみました。
すると彼はまったく回答できなかったのです。」

質問とは次の通りである。

・「どういう顧客セグメントに売るのですか」
・「売るためのシナリオはどうなっていますか」
・「シナリオ通りに進んでいるかどうかをどうやって確認しますか」
・「シナリオ通りに進まなかった時、どう手を打ちますか」

「なかなかいい製品でしたが、あれではまったく売れませんね。
実際そうなりました。現場の技術者は優秀なのに本当に気の毒です。
日本企業の経営者って、経営をしているのですかね」。



ホンダらしさ→DQN好みのミニバンを作るのが得意
ソニーらしさ→中身スカスカでボッタクリ価格で商品を売る



藤沢武夫「久米さんよ、近ごろホンダらしさとか聞くが、一体ホンダらしさって何だね?
「もし未来を見たいのなら、未来ではなく、自分たちの過去を見なさい
「久米さんだって、思い出したくもない失敗をしたはずだ。辛いだろうが、皆から失敗を集めて泥を底の底まで探ってご覧なさい。
「その泥の中にきっと未来を開く鍵が見つかるはずだよ」
2時間ホンダ社長に叱った時のホンダ創業者の言葉



Old School カリフォルニア 男性
俺が語れるのは北米仕様の車だけだが、日本のメジャーブランド(トヨタ、
ホンダ、日産、スバル、イスズ)が最も信頼できると思う。(三菱とスズキはそれらよりは少し劣るようだ)

さて、日本車が " 何故 " 最も信頼できるかについて話そう。
俺はある自動車エンジニアがその事について明らかにした記事を思い出したよ。
彼はGMとホンダでエンジン設計の仕事をしていた。
GMでは、部品(例えばクランクシャフト)を考える上で、仕様を満たすのに
最も安い方法で作ろうと決心する。
対照的にホンダでは、彼らが可能な限り(無理の無い範囲で)最も良い部品を
作ろうと試みる。それから、コスト的に実行可能になるような製造プロセスを
模索し始めるんだ。

GMの設計理念スタイルは、限界生産物を導いてしまう傾向がある。
(うわっ、俺たちはクランクシャフトを弱くし過ぎた。来年のモデルは
もっと強化する必要があるな)

翻ってホンダの設計理念スタイルは、改善の " 好循環 " を生み出す傾向にある。
例えば強くて固いクランクシャフトは、より小さなコネクティングロッドを
使えることを意味する。(よりパワーが出て燃費が向上する)
より軽いコネクティンロッドの使用は、より小さなピストンを使えることを意味
する。(スロットル反応が良くなる。シリンダー壁のサイドローディングの減少は
磨耗の減少を意味する)
エンジンからのより良いパワー供給は、エンジンの小型化に繋がる。
(車が軽くなる)
車が軽くなるということは、ブレーキの小型化に繋がる。
などなどなどなど・・・・・・

アメリカと欧州の自動車メーカーは日本から学んでいる。
おかげで、以前よりも格段に性能が良くなった。
しかし、日本とは完全に消すことのできない差が依然としてあるんだ。



国家観の無い経営者はダメだと思う
ソニー創業時のトランジスタラジオ創った時の逸話を聞くとそんな感じがする
「英語でタンカ切れる日本人求む」



クソニーらしさならたっぷり
あくまでも顧客を小馬鹿にしているところな



「らしさ」なんて必要か?
ジメーンスやら、フィリップスやら、エレクトロラックスの製品なんざ、
「らしさ」と問われても答えに窮するものばかりだが
確固たる地位を築いてるじゃないか。



なんだかんだ日本企業はオリジナリティーはあるだろ
そういうほうに論点を持ってくのは的外れだな

単に商品価値と小売価格の兼ね合いでしかないよ
韓国のほうが値段を下げれただけ
日本も韓国並みに値段を下げれば当然売れる
そっちを真剣に考えなきゃダメだよ 単に海外に拠点を移せって意味じゃないよ
日本企業の一番の客は日本人 そこを大事にしつつ活路を生み出さないと



1.あまり大きくない会社(ブラック企業)がある

2.その業界でやっていきたい本気モードの人(ホワイト社員)が集まってすごい商品を作る

3.それを聞きつけその業界で生きていく気まんまん,やりたいこと爆発状態の社員が集う

4.優秀な人材がいるのでさらにすごい商品ができる

5.会社がどんどん大きくなって大手になる

6.あの業界といったらこの会社(ホワイト企業)、という風に一般人も知るようになる

7.有名大学の安定志向の連中(ブラック社員)が、とりあえず安定したいからって理由で志望してくる

8.本当にその業務に興味のある社員の割合がだんだん減っていく

9.過去にすがってどうにかブランドで生きていこうとする(会社の終わり)

>>
面接はちゃんとしてるのかな



本田宗一郎が死んだときホンダは死んだ
井深大が死んだときソニーは死んだ



本田宗一郎と井深大―ホンダとソニー、夢と創造の原点 (朝日文庫)

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 科学・技術 > 「ソニーらしさ」「ホンダらしさ」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。