情強速報

スポンサーサイト   はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラン、撃墜米機RQ170のシステムやメモリーの解読に成功 ステルス無人偵察機の製造に着手   はてなブックマーク - イラン、撃墜米機RQ170のシステムやメモリーの解読に成功 ステルス無人偵察機の製造に着手

12042301.jpg
イラン軍高官は22日、ファルス通信に対し、米軍の無人偵察機「RQ170センチネル」のシステムやメモリーの解読に成功したと述べた。
事実なら高度のステルス性能を備えた同機の機密情報の一部をイランが得たことになる。
イランは昨年12月、同国東部で同機を撃墜し、機体を押収したと発表していた。

精鋭部隊である革命防衛隊の司令官は、解読の証拠として、米軍が機体を運用していた際の飛行履歴に言及した。
入手した技術でステルス性能を備えた同様の無人偵察機の製造に着手したという。
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012042200196
(元スレ)

12042302.png
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/5/54/RQ-170_Wiki_contributor_3Dartist.png/300px-RQ-170_Wiki_contributor_3Dartist.png



オバマ「またイランことをHAHAHAHAHA」



外側は日本でも作れるだろ
問題は中身と運用システムじゃね?
まさかちょっとコアなラジコン無線オタの技術で作れる代物じゃないだろ?



タミヤの技術がバレるぞ



日本の電磁波吸収塗料がないとステルスにならないのでは?



ってか、アメリカや中国のような覇権主義国家なら無人機やステルス機もいいだろうが、イランには必要なかろう?
イランに必要なのはイスラエルを圧倒的に攻撃できる兵器でしょ。
>>
パイロットいらないから大量生産、集中爆撃という戦略が取れるのがでかそう



これイランだけじゃなくて
世界中から技術者が来てるからな
反米万歳!!



フライトログは暗号化してなかったのか



このお笑い劇を、実はアメリカがイランに公然と技術供与するシナリオだと考えると
とても面白い話が作れそうじゃないか
>>
たしかにイランコントラゲート事件もあったしなw

すごい裏の取引があったのかも知れないw
もしかしたらアメリカはイスラエルを切る気じゃないか
アラブの親米国家を守るにはもうイスラエル切った
というアピールをしてアラブの民衆の心を掴むしか
ないからなw



イランの技術力高いぞ。欧米大学の留学者がやってるしな。
情報の流通は、極東の日本なんかよりよほど速い。



イラン。。。やりすぎるとイラクの二の舞になるよ。。。

特に米民主党は戦争が下手なくせに好きだからな
泥沼化したら、復帰するのも大変だぞ。。。
>>
無理無理、まずイランが広すぎ
次にイラクもアフガンも占領計画破綻しかけてる

コンパクトで体制いつでもひっくり返りそうな国に仕掛けるのとわけがちがう
代表みたいな国で北朝鮮とかあるのにスルーしてるからw



カネ掛けて造って遠方まで運んで乗っ取られたら、世界一の戦争キチガイ大国の名前に傷がついちゃいますよ?w



リバースエンジニアリングが出来ても製造なんてできないだろ
マテリアル、ハードウェア、無線技術、暗号化技術、レーダー、遠隔操作技術、センサーなど
簡単に思いつくだけでも障壁がたくさんあるのに
>>
イラン単独では無理でも、中露の協力があればできる




この世代の航空兵器は敵地に落ちた後も
想定して設計してるだろ。普通に
>>
それが落ちたんじゃないらしい
この無人機は遠隔操作信号を受信できなくなるとGPSとかを使う自動帰還モードになって自分で帰る
このGPSがコスト削減の単に軍用のじゃなくて脆弱な民間用の信号を受信するようになってたからそこに目をつけられた
まずジャミングして遠隔操作できなくして、嘘のGPSの電波を流して味方基地に着陸しようとしてるように誤認させた
墜落して破損したんじゃないから自壊もしない



暗視スコープ ステルスビュー ブッシュネル ¥30,680


Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > ミリタリ > イラン、撃墜米機RQ170のシステムやメモリーの解読に成功 ステルス無人偵察機の製造に着手

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。