情強速報

スポンサーサイト   はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「3次元熱間曲げ焼き入れ」量産技術を確立 住友金属工業、住友鋼管、住友金属プラント   はてなブックマーク - 「3次元熱間曲げ焼き入れ」量産技術を確立  住友金属工業、住友鋼管、住友金属プラント

no_img3.png
住友金属らが「3次元熱間曲げ焼き入れ」の量産技術を確立 自動車を軽量化
住友金属工業、住友鋼管、住友金属プラントの3社は、自動車の軽量化に大きく貢献する「3次元熱間曲げ焼き入れ(3Dimensional Hot Bending and Quench、3DQ)」の量産技術を確立した。
2012年度上期中に、同技術で製造した部材を搭載した自動車が発売される予定である。

3DQ技術は、さまざまな形状の鋼管(丸管、角管、各種異形鋼管など)を、局部的に加熱して曲げ加工し、直後に水で急冷して焼き入れを行う連続プロセス。金型を用いずに、高強度の超ハイテン鋼管を用いた複雑な形状の部材を製造できる。
12042304.jpg
http://www.nikkei.com/content/pic/20120423/96958A9C93819499E0E2E2E1838DE0E2E2E6E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2-DSXZZO4061302020042012000000-PB1-2.jpg

鋼管の冷間曲げやハイドロフォームといった従来加工法では対応できなかった、引っ張り強さ1470MPa(メガパスカル)以上の鋼管部材を、同技術によって製造することが可能になる。確立した量産加工技術では、曲げ加工にロボットを用いることで、設備のコンパクト化と低コスト化を図っている。ロボット技術に関しては安川電機と共同開発した。

自動車の車体骨格は、鋼板をプレス加工して造るのが一般的だが、断面が閉じた鋼管で車体骨格を造ると曲げやねじりに対する剛性が向上し、車体の軽量化が図れる。このことは以前から知られていたが、ハイテン鋼管は加工が難しく適用範囲が限られていた。曲げ加工できる鋼管は最高でも980MPa級にとどまり、しかも複雑な形状に加工することができなかったからだ。

一方、アルミニウム合金製の閉じた断面の部材は実用化されているが、コストが高く、量産車での採用は限定的だった。

3DQ技術を用いれば、複雑形状の超ハイテン鋼管部材を効率よく製造できる。
そのため、最大で約50%の軽量化も可能となる。自動車の車体の設計思想を大きく変える潜在力があるという。
(日経ものづくり 高田憲一)
http://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C93819499E0E2E2E1838DE0E2E2E6E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2;da=96958A88889DE2E4E1E2E5E0E6E2E0E7E2E6E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2
(元スレ)


鋼管スペースフレームって・・・

まんまレーシングカーだろ!?



ますます燃費向上する日本車



これは凄いな。
金型も減るし、自由度の高い整形が出来る。
モノコックとパイプフレームの組み合わせも行ける。
バイクのフレームもイケるわ。
>>
こういうのはファッションショーに出てくる洋服みたいなものなんじゃないの
そのままじゃ街を歩けないタイプの



最大50%の軽量化ってすげーじゃん
これで設計された車は何時出てくるんよ?
>>
車体総重量の50%減ではありません、車体骨格のMAX50%です。
今の時点では車体骨格は総重量の20%以下だろう。
そうすると車体総重量のMAX10%以下だろうな。
各産業部門への応用が利くからいいことだと思うよ。
しかし安川経由で社外漏れは防げない。世界メーカーが同時に採用するよ。



素人考えですまんが、接着するとかやりようはないの?>構造材に使用
欧州メーカーは凄く接着を多用するとか聞くけれど
部位によるのかな?



住友か、マツダ車から導入かな



少量生産のスポーツカー用キャビン構造に向きそう。
って結論で桶?
マツダが住友系だから次期ロードスターなど向けの技術かな?

現行ロードスターのAピラーには横転事故を考慮して鉄パイプ内蔵だし・・・



(´-`).。oO(こういうので大手メーカーがロータスみたいなフレーム構造の車を注文生産するようにならないかな…)



高周波焼入れと曲げ加工が同時に出来るってすごいな
普通どっちかだろ



(´-`).。oO(溶接が困難ならイレクターみたいにジョイント部分だけ鋳造部品用意しといて接着とか…
       面白いと思うけどな…)



要するにオールプラスチックボディの車に便利な技術という事?
スーパースポーツのような構造の一般車がでてくるという事か。



こういう技術だけで50%も軽量できるなんてすごいな・・・(´・ω・`)



ナイツタイプ Inconnel フラッシュハイダー 焼き入れ加工

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 科学・技術 > 「3次元熱間曲げ焼き入れ」量産技術を確立 住友金属工業、住友鋼管、住友金属プラント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。