情強速報

スポンサーサイト   はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニホンオオカミ 高崎にいた!? 絶滅5年後「1910年に駆除」記事発見   はてなブックマーク - ニホンオオカミ 高崎にいた!? 絶滅5年後「1910年に駆除」記事発見

12050102.jpg
 一九一〇年一月に高崎市内でオオカミが駆除されたという新聞と雑誌の記事を、吉岡町にある北群馬渋川郷土館長の小山宏さん(75)=渋川市=が見つけ、「その五年前の一九〇五年に絶滅したとされるニホンオオカミだった可能性がある」とみて、骨や皮などの遺骸を探している。
ニホンオオカミは一九〇五年に奈良県東吉野村での捕獲を最後に記録がなく、絶滅したとみられている。小山さんは二〇〇七年、知人に一九一〇年三月二十日発行の狩猟雑誌「猟友」に「上州の狼退治」と題した記事が載っていたことを教わった。

記事には片岡村大字寺尾(現・高崎市)の山林で「大なる狼棲(す)み時々近郷に出(い)で田畑を荒す事夥(おびただ)しく…同村猟師廣瀬重吉(33)が…一月二十八日夕銃を肩に山深く入り今か今かと息を殺して待つ程もなく例の狼ノコノコ出で…十五発にて打止めた」とあった。

小山さんが、雑誌記事を紹介する文章を日本犬保存会の機関誌に寄稿したところ、読者から一九一〇年一月三十日付の全国紙にも同様の記事があると連絡があった。

この新聞記事は「人より大い狼」と題し、狼を退治したのが十八日である以外は雑誌記事とほぼ同じ内容。重さを二十五貫(九三・七五キログラム)とした上で「普通の人間より大なりと云(い)ふ」との記載があるが、小山さんは「二十五貫は重過ぎ。キログラムと書き間違えたのかもしれない」と推測する。ただ、いずれの記事も写真はない。

小山さんは記事の真偽を確かめようと、高崎、安中両市の「廣瀬」姓の二百人超に手紙を送った。すると安中市の廣瀬さんの孫から返信があり、昨年七月に面会。廣瀬さんが猟銃を持っていたことを確認したが、オオカミの骨などは残っていなかった。小山さんは「当時、群馬に大型犬がいた記録はなく、人より大きかったということはニホンオオカミしか考えられない」と主張する。

一方、ニホンオオカミの遺伝学的な研究をしている岐阜大の石黒直隆教授(獣医公衆衛生学)は「これだけでは判断できない。犬は尾が立っているが、オオカミは垂れているため、尾の目撃情報があれば。ニホンオオカミと犬は形態的に同じで、違いを見極めるにはDNA解析が必要だ」と話している。

▽画像 ニホンオオカミと犬の体型
12050101.jpg
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20120429/images/PK2012042902100065_size0.jpg

http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20120429/CK2012042902000151.html
(元スレ)



15発て
>>
文脈から判断して、15発撃ってようやく当たった



剥製はあるんだからクローンマンモスみたいにして作っちゃえよ
犬の胚使えばそれっぽい何かは出来るだろ



絶滅って悲しいな



おまいら、オオカミの恐ろしさは半端ないぞ。
熊どころじゃねーぞ。

>>
君はオオカミの親戚かなんか?

>>
 狼人間は唯一の成功例だって悪魔が言ってたからな。
 二対一だけど一応、虎人間にも勝ったし。



ニホンオオカミは小型と聞いてたが
紀州犬以上だからそこら辺にいるイエイヌよりは大きいな。



>一五発

この時代の猟師だと火縄銃を使ってるのも多かったから、
もしそうなら小さくて動く目標を狙撃して当てるのは大変だったかもしれんわな



当時は、野犬とオオカミの区別は、ついてないしな。
>>
歴史の中で、人の手から逃げた野犬は山に入って、ニホンオオカミと交雑していそうだな
北米のシンリンオオカミもカイイヌの血が入っているそうだし
イヌはオオカミを家畜化したものに過ぎないのだから、自然なことなんだろうけど



狼がいないから鹿が大繁殖して若芽を食べて山が大変なことになってるって
聞いたことがあるな



秋田並みのデカサジャン。
雑食であっても肉食の強いオオカミがはたして本州で生き残れるかなぁ?
エゾオオカミの巨大さは何とか解るが、エゾオオカミの間違いじゃないの?

>>
本州で生き残れるかなぁ?ってどういう意味?エサなら鹿や猿、猪がたくさん
いると思うんだが

>>
主にシカやカモシカを食っていただろうから普通にたくさんいたと思うよ
実はオオカミは全くの害獣というわけではなかった
シカを間引いてシカによる畑や杉林などの食害を軽減してくれる益獣の面もあった

>>
隣の県で神社に狛犬のかわりに鎮座してるくらいだからありがたいもんだったんだるな。



オオカミはイメージばかりが広まって
実は怖くないって聞いたんだが



俺の住んでる県はキョンが大繁殖してるから、狼にたべてもらいたいぜ



日本の神社にヤマイヌとして祭ってあるのは、イノシシなどの害獣を退治してくれていたからだろうな



オオカミは危ないし狂犬病も怖い
絶滅してよかったのかも



いなきゃいけない理由もない。
近隣住民からすれば害獣。
なのに保護っていう連中に限って近隣に生活を置いていない。
まるで他人事だから調査もいい加減。



今の価値観で当時の行動や風習を批判するのは、よくないしナンセンスだ。
従軍慰安婦問題と同じ。



高崎駅0番線のホームに剥製飾ってあるよ
>>
いったいいつの話してんだよ
車両の喫茶店が無くなったりホーム入口が一階になったりしたの知ってるか?
>>
20世紀
知らない






秋田犬なんかはニホンオオカミの亜種みたいなもんだから
是非はともかく頑張ればそこから復活できるんじゃね



絶滅したのは、人間がというけど

実際は、明治に入り西洋犬が輸入されたが、犬の伝染病もはいりこんだ
日本に無かったもので
日本の犬は抗体がなく、伝染病がひろがり、
飼い犬の大部分が感染し、死ななかったのは、二割にもみた無かったて
当然、日本狼にも抵抗はなく、
明治のお粗末な治療とは言え治療と看病の飼い犬が生還率が二割程度なんだ
治療も看病も出来ない狼は無理だろうね

ちなみにアメリカでも、
アジアと陸繋がりになったとき、元いた生物が多くの滅んだ原因が
最初人間説がいわれていたが
今は病気説と渡ってきた(いまでいうと)外来種に襲われ生活環境奪われた説が
強いって



動植物なんて新種ができては滅び、を何億年も繰り返してるんだよな
結局人間の影響なんてどの程度あるんだか??



この間、HNKでニホンオオカミを題材にしたドキュメンタリー番組があった。
これの番組では、まだニホンオオカミが密かに生きているという感じで放送されてたけど
実際はどうなんだ?


>>
居てもおかしくないと思う。
山梨の自衛隊演習所の近くなんか、
野生化したアラスカンマラミュートの群体がいたりする。


>>
無理。
飼い犬の血に僅かに残ってるのが関の山。
この話も通説の最後のオオカミが、紀伊の山奥であったことを考えると簡単に信用できないな




狼と香辛料 COMPLETE DVDBOX 【完全初回限定生産】

Comments

name
comment
: 承認待ちコメント

# 2012.08.29 Wed 17:54

このコメントは管理者の承認待ちです

: 承認待ちコメント

# 2012.10.05 Fri 03:24

このコメントは管理者の承認待ちです

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 動物・生き物 > ニホンオオカミ 高崎にいた!? 絶滅5年後「1910年に駆除」記事発見

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。