情強速報

スポンサーサイト   はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所有コスト40年で4200万円 それでも車を捨てませんか    はてなブックマーク - 所有コスト40年で4200万円 それでも車を捨てませんか 

12051210.jpg
先に行った車に関するアンケートの集計がようやくまとまった。忙しさにかまけてついつい集計を先延ばしにしてしまった。「車を捨てる気はないか」「CO2を撒き散らす罪悪感はないか」など失礼な質問がたくさんあったにもかかわらず快く回答してくれた皆さんに感謝したい。
回答者は予想をはるかに超える31人にも上った。平均年齢は36歳。車の購入金額は約344万円。ローンありは約29%。毎月のガソリン代は約1万2000円。車検代は約12万円。保険代は約6万円。買い替え頻度は5年に1回。駐車料金は7200円(自宅は無料としたが、自宅の購入費、固定資産税、都市計画税を考慮すればただではない)。このほか、車の保有税は3~5万円ぐらいだという。

この結果について、大向こうを張って「クルマ社会」を批判するつもりはない。車がなくては生活できない世の中なのも事実だと思うし、車を生業にしている人もたくさんいる。ましてや記者は「車」の「ク」の字も理解できないほどのド素人だ。

それでも、分譲住宅市場を取材フィールドに置く記者としては「首都圏で住むには車(自家用車)は必要ない。車を捨てれば、あと一部屋広いマンションが買える」といわざるを得ない。バブルが崩壊して20年。地価が下がり、設備仕様も格段に向上し取得環境も整っているにもかかわらず、住宅の基本的な質である居住面積はそれほど広くなっていない。耐震性に問題があるとされる旧耐震の住宅は東京都だけで約60万戸もある。居住性が向上しないのは、住宅需要層の所得が伸び悩むどころか減少傾向にあるのが主因だろうが、ここは自己防衛するしかない。

回答者の車を保有する年間コストをはじくと平均105万円となった。40年間乗ると仮定すると約4200万円だ。郊外マンションが1戸買える値段だ。年間50回乗るとすると1回当たり2万1000円だ。買い物やレジャー1回当たりいくら消費するか分からないが、仮に2万円とすると、同じ値段だけ運搬コストをかけていることになる。1匹100円のイワシは200円になる計算だ。アンケート結果は「それでも車を捨てませんか」という見出しにぴったりではないか。

「死ぬ思いをしたか」の設問については驚くべき結果が出た。「ある」と答えた人は12人にも上った。3人に1人の割合だ。「何回もあり」と答えた人もいるから、車に乗ることは死と背中合わせであることが分かる。回答者から猛反発を食らいそうだが、記者は、この「死ぬかもしれない」「殺すかもしれない」という死の恐怖を金額に換算すると数億円から数十億円だろうと推測する。

回答者には「そもそも人生生きていくことも同じ位のリスクがある」「いつどこで何が原因で死ぬかわからないのに車の事故を起こすリスクだけをお金に換算することは馬鹿げている」「家族を失うとか、自分が加害者になるという社会的リスクに関しては、自動車に乗っていようがいまいが降りかかるリスクで同列にはできない」と反論した人もいるが、交通事故に遭う確率などは保険会社がしっかり調査して保険料率を決めているはずだからここでは書かないが、車を運転する人の事故に遭う確率は車に乗らない人が事故に遭う確率よりはるかに高いことは論を待たない。

「車を捨てる気があるか」については、「75歳になったら捨てる」「少しはある」という回答もあったが、「捨てるという表現も偏りすぎ。雇用とか、日本の経済とか、きれいごとでしょ。野球に行くにせよ、どうやって行くの?」などの手厳しい批判を浴びてしまった。ほとんどの回答者は「捨てる気」はないようだ。

「人が優先」の考え方には、ほとんどの回答者から同意する答えを得られたのは救いだった。ただ、「車優先の気持ちがドライバーにあるように思う。歩行していると怖い」という意見もあるように、車は走る凶器になりかねないことを運転手はいつも念頭に置くべきだろう。

「カーシェアリング」についても概ね好意的な回答があった。「可愛い女の子とシェア出来るのであれば、賛成」という冗談もあったが、「拠点が増え、短時間での利用や予約しなくていい仕組み、乗り捨て、若しくは他の拠点に置いてこられるようになれば是非利用したい」という具体的な提案もあった。

「電気自動車」についても、環境対策として評価する回答者が多かった。「充電池の能力が更に向上し、価格も廉価になってくれば、環境にも優しいし、普及が早まるのではないか」という声が回答者すべての声を代弁しいているのではないか。

国交省のデータによるとわが国の道路の総延長は126万8743キロメートルだ。法面などを含めた道路敷の総面積は約1万211平方キロメートルだ。これは国土面積約38万平方キロメートルの2.7%だ。岐阜県の1万621平方キロメートルに匹敵する。約7割が山林というわが国の国土にこれほどの道路網を整備するのも驚きだが、8割近くはコンクリート舗装になっている。未舗装のでこぼこ道に氷が張り、雨が降ると泥跳ねを傘で防ぐ光景は昔話になってしまった。

話は横道にそれるが、日本で2番目に広い濃尾平野には水害を防ぐため地球を10周もする水路・水門が整備されたという。濃尾平野に生きる人々は高台に逃げることなどできなかった。気の遠くなるような作業を数百年にわたって続けたおかげでわが国有数の穀倉地となった。ここにも自然の脅威を「いなす」という英知がある。

わが国はわずか100年の間に「原爆」と「原発」によって、取り返しのつかない事態を招いた。ここで立ち止まって来し方行く末を考えるときだ。「車は男のロマン」「豊かな生活が送れる」も結構だが、公共交通システムを再構築し、使い勝手のよいカーシェアリングを開発して、マイカーなしでも「野球に行ける」環境を整えるときだと思う。

http://sumai.nikkei.co.jp/edit/rba/etc/detail/MMSUa8000008052012/
(元スレ)



地下鉄もバスもまともにない田舎暮らしの人間にも同じこと言えるか?



それを言うたら日本自動車業界は
終焉です



都会暮らしなら車を捨ててもいいだろう



所有しなかったら交通費いくらかかるの??



自動車がないと病院へ行かれない。



地域などの交通環境や、個々の家の事情で車の必要性はぜんぜん変わるんだよ。
一概に車を持つことイコール悪みたいな印象操作するなよ。



取得税や重量税や自動車税、ガソリン税は高いってなら同意



駐車料金が馬鹿に安いですね。都心ということもあるでしょうけど、うちで借
りてる所は月66000円ですけど。仕事で使わなければ車など買わないのだ
けれども、そんなわけで軽自動車でも料金は同じだから、できるかぎり大きい
車のほうが得なので、大きいの乗りたいのだけれども、あいにく実家は――同
じ世田谷区内――軽自動車以外止められないスペースしかない。なにか駐車場
7200円とか書かれると,改めて東京に住むのがアホらしくなりますね。



まあ首都圏で車は明らかに贅沢品だな
無くても余裕で生きていける
だからこそ、向こうで国産車で乗る気しないな
乗るんなら外車だ



くるまに煩わされず安心して歩ける環境整備がなにより先決
持つか捨てるか、とはまったく別次元のはなし
特に京都(山科とか伏見)はほんとに最悪
これが関西の玄関口かとおもうほどのひどさ



自家用車を持ってなくてもタクシーやバスを使うんなら
事故リスクは大して変らない思うんだ。



首都圏『だけ』で生きていくならそれでいいんじゃねーの。
深夜~早朝の行動制限かかるけどね。



田舎は車が無いと生きて行けんよ
なのに贅沢品として税金一杯取ってるのには納得できん



俺自営業やってるから車の経費全部+ガソリン代全部経費だわ。



レギュラー180円くらいになった時に車とは縁切ったな
車手放して自転車を手に入れて自転車で十分、自転車最高!ってなったけど
125のバイクも手に入れて今はバイク最高!
車が便利なのは認めるけどコスパ考えると庶民には割に合わない乗り物。



アホやな。何が大事かってことが抜けてる話やな?
内需拡大するために消費することが大事。もっと、金をつかわなアカン!
損得の話しやったら何でも無駄やで。
資本主義と矛盾してるのが日本の道徳「節約」
だから悩ましい。



都心にしか住んだことのない人の記事かこれ?
それに都心だって交通費はそれなりにかかると思うんだが…



好きなだけ車を所有し、気に入った場所全てに家を建て心豊かに生活する事を信条としている
私の生きがいは沢山の人を経済的に自由人育て上げる事です。

育て上げたすべての人は、モノを購入する基準を高いとか安いではなく、
欲しいか欲しくないかで判断しています。

人にとやかく言われる筋合いはない



原チャリは便利。
2種だとさらに。



車が無くても結局移動費はかかるしなぁ
そもそも必要ない人は買ってないだろうし、金額見せて捨てろってのは幼稚な結論としか

まぁ本当に一切車が必要ない社会が構築できるなら、それでも良いけどねぇ・・・



どこに住むかによるつきるよな。

今、都内に住んでいて職場まで自転車で15分。
全くクルマが必要ない。マンションの駐車代月5万もするし、休日も
地下鉄・タクシーのほうがはやいしなあ。旅行のときも現地でレンタカーの方が
楽でしょ。ちなみにベンツとかBMとかもあと2,3年でほとんどのレンタカー
屋で借りれるようになりますよ。

でも、クルマを趣味に色々な車種を購入選択肢に考えると、
やっぱり手取り2000万ぐらいにならないと、しんどいな。



年収300万以下は車を持つな(但し僻地は除く) 



自動車やめて自転車にしてからすこぶる快便だ
それまで管理不全だった長期血糖値も安定し、HbA1cも常人以下になって医者が目を丸くした
彼女はいない

田舎は車無いとムリなんてのは真っ赤なウソだった



90年代前半に友人知人に「首都圏では車はコストに見合わない贅沢品だ」
って言ったら嘲笑されたぞ



東京とか大阪の都市圏に住んでるなら車無くても生活できるよね。
原付二種とか電動アシスト自転車があれば便利。



「嫁のコスト」と置き換えて読んだら面白かった。
特に「死ぬ思いをしたことがあるか」は何回もある。
「嫁を捨てる気があるか」に関しては、先に捨てられそうだけど。
しかし、恋愛や結婚についても同じような感覚なら、少子化になるわな。



40年で4200万って言うより、4年で420万って言った方がいいと思う。



確かに自動車に関する税金は改善すべきだろうな
不景気に税金とるほうが優先とかバカもいいとこだ



子供が小さい時期はやはり必要だろ
必要なくなってからも惰性で所有し続けるのが問題なだけ



地方では車ないと気の利いた店一つ行けないどころかスーパーにすら行けないので
生活できない。店が車で行けるとこしかない。
だが車持つと貧乏になるというのは納得
俺も首都圏から地方に移住し車乗るようになってから貯金たまらなくなった



東京多摩地区に住んでるが
ちょっと良い自転車買ったら
東西南北驚くほど遠くまで行けてしまう
電車やバスは天気悪い日だけ活用



これを書いたのは東京の人だろう。
全然わかってない。



まあ高級車じゃなくても年間100万円くらいは普通だと思う。
自分も免許取立ての未成年でリッターカー買って5年使ったが
任意保険が高いから5年間の自動車関係費用が500万は払ったもの。

今だと任意保険割引が最大で駐車場自宅で軽自動車乗ってるから年間30万くらいだけど。



ネラーの嫌いなステーキけんの社長が
「節約するなら金を稼ぐ方法を考える」的な事を言ってたけどこれは真理だと思うぜ

http://ameblo.jp/mgrant/entry-10870923088.html

しかし、これは世の大多数を占める貧民にはなかなか行きつかない考え方なんだなあ
今時、給料なんてそうそう上がらないからな
サラリーマンやバイトという枠の中でどうにかしようとすれば節約に行き着くのが必然だしな
しかし節約しましょう的な論調で国民総貧乏みたいな話には到底乗れないよ


>>
そこで重要なのは、国民総貧困層に導いてるのが経済界なんだよね

買うのが先か、払うのが先か

今回ばかりは、払いを渋った企業経営陣が先です



山形県在住だけど、近所とかの家には4~5台はあるね
うちも俺、父、母、じーさん、弟、弟の車6台と750、250、原チャ×2のバイク4台あるし、ど田舎だと車ないと不便なのよ
田舎は無駄に土地あるから駐車スペースは気にしなくてもいいのもあるね
都会みたいに交通網が優れてない分、車に頼っちゃうのさ
雪降るしこんなとこ早く出たい



田舎って免許を持ってる人数分の自動車があるのな。
たとえ全部が軽自動車でも所得の低い家庭だと負担が大きすぎるよ。
家族共用で使う軽自動車1台だけにしてあとは原付か原付二種を
ファミリーバイク特約で乗るのが良いと思う



どの鉄道駅にも2km以内で移動できる地域なら同意。
それ以外なら不同意。

人が歩いてどうにかしようという距離感ってせいぜい2kmだと思うのよね。
それに、首都圏の定義にもよるけど、電車が1時間に1本って所もあるわけで…。

車がないとなーにもできない栃木県や、埼玉県北部だって首都圏だからね。
千葉だって車無いと辛いよなぁ…。
多摩地区とかどうなん? やっぱ辛いんじゃないかな。

ま、レンタカーとかシェアリング、タクシーでもいいんじゃね?
って意見は一部事実だと思う。「所有」する意味はあまり無いかもしれない。
しかし機動性に劣るので、ライフスタイルに依存するかもな。



車を持っていない奴のせいで夜行バスが横行して大事故が発生するんだよ



40万で買った中古軽もう6年乗ってる
8年は乗る積もりだから、年間5万ってとこだな
車検代、修理費用は併せて平均2年で11万ってとこかな
年間11万、保険1万、40年で480万円ぐらいだ。
燃料代は交通費と一緒だろ、必要なら使う
時間の節約と荷物搬出、自由とか色々利点は大きい

>>
>40万で買った中古軽もう6年乗ってる
>8年は乗る積もりだから、年間5万ってとこだな
修理代が年間1万として
1年あたりの車両償却+修理代は6万/年
任意保険(一般車両保険含む)
車両保険をかけないことも可能だがその場合は事故修理代が別にかかる
含めて考えるのが妥当と思われる
1年あたり任意保険代 5万
燃料費
1年1万キロ走ったとする
1年あたりの燃料費 10万
自動車税、重量税、自賠責保険 
1年あたりの税金等 2万4000円
その他に
駐車場代、オイル交換費、点検費用、車検整備費用、高速道路代、出先での駐車場代、地図・カーナビソフト、
反則金、洗車費用などが必要

>年間11万、保険1万、40年で480万円ぐらいだ
いくらなんでもこれは不可能なんじゃね?
上記の計算だけでも駐車場代ゼロで年間25万だから
40年間で1000万が最低線



この国の資本家がデフレに誘導した節さえあるからなあ…

例えばTV
今でさえ大人しいが、節約論を散々垂れ流してるのに、
その傍らで自社製品CM流して売れると本当に思うのかね?

こうなるともう、全体の購買意欲を削いでるTV局に何故CM依頼してんの?
馬鹿じゃね?としか言えなかった。

結局本当にデフレは加速し、小売業は益々値下げ、そこで働く人の賃金は急落or人員削減

日本の経営陣って、実は経営なんて理解してないんじゃね?



税金が一番馬鹿げてるなって思う
それ以外はしょうがないって思うけどね

>>
ぶっちゃけ負担増の原因が多重課税と糞みたいなガソリン価格だからな
政府仕事しな過ぎ

>>
まあね~、不動産とか車って数少ない納税ネタの宝庫だからな

>>
日本の経済発展は自動車とともに歩んできたからね、そのため自動車メーカーも多い
交通インフラも自動車ありきで整備されてきた
階段で歩行者を迂回させ、自動車を優先する歩道橋なんて本来は言語道断
いまは対自転車でなにかと揉めている

そこまでして費やし発展させた産業なので税収を求めるのは止むを得ない部分があるのかな

>>
そうかもしれない、経済発展著しいときはそれで良かったんだろうけど、
消費者の価値観や時代の変化、もちろん日本の経済状況も含めて、
課税と課税対象の実情が今一つマッチしなくなったのかも知れん




自分で出来る!クルマのキズ直し 2012年 04月号 [雑誌]

Comments

name
comment
情強有識者さん : URL

#- 2012.05.13 Sun 13:32

無知な記者が架空の平均値で話してるだけ。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 国内 > 所有コスト40年で4200万円 それでも車を捨てませんか 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。