情強速報

スポンサーサイト   はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サハラ砂漠で第2次大戦中の英国軍戦闘機キティホークを発見…専門家らは「まさに奇跡」と驚き(画像あり)   はてなブックマーク - サハラ砂漠で第2次大戦中の英国軍戦闘機キティホークを発見…専門家らは「まさに奇跡」と驚き(画像あり)

12051209.jpg
第2次世界大戦中の1942年6月28日にエジプトのサハラ砂漠に墜落した英国空軍の戦闘機キティホークとみられる残骸がこのほど発見された。ポーランドの石油会社の社員が発見し、保存状態は極めて良好で、機体、主翼と尾翼、操縦室の計器類の大部分が無傷の状態で残っており、専門家らは「まさに奇跡」と驚きを隠さない。
当時24歳だった英国空軍のデニス・コッピング軍曹は同戦闘機の修理のため、別の空軍基地に向かっていたが、途中で方向を誤り、その後サハラ砂漠に墜落した。戦史家アンディ・サウンダース氏は、コッピング軍曹は飛行中に頭が混乱したと見ている。

そして軍曹が過ちに気付いた時には、すでに燃料不足で引き返せない状況だった。墜落現場には、日よけとして使ったと見られるパラシュートなど、軍曹が無事に着陸したことを示すいくつかの証拠が残されていた。しかしサハラ砂漠の猛暑の中で、そう長くは生きていられなかったと見られる。

パラシュートは空から発見してもらうための目印になるし、上空を通過する飛行機に向かって光を反射させるための鏡やわずかながら発煙筒もあったはずだ。それにも関わらずなぜコッピング軍曹は飛行機を離れたのか。サウンダース氏は「恐らく、誰も助けに来ないと悟って自暴自棄になり、助かる唯一の方法は助けを求めて歩きだすことだ」と考えたのだろうと推測する。

コッピング軍曹の話が知られるようになり、英国当局はこの戦闘機を英国に持ち帰り、ロンドンにある英国空軍博物館に展示したいと考えている。現在、博物館の代表がエジプトの英国大使館と英国防省と連携して輸送手段などを検討中だ。
12051204.jpg
http://www.cnn.co.jp/images/cnn/2012/05/12/12/37/21/wwii-fighter-01.jpg

12051205.jpg
http://www.cnn.co.jp/images/cnn/2012/05/12/12/42/57/wwii-fighter-02.jpg

12051206.jpg
http://www.cnn.co.jp/images/cnn/2012/05/12/12/43/40/wwii-fighter-03.jpg

12051207.jpg
http://www.cnn.co.jp/images/cnn/2012/05/12/12/43/54/wwii-fighter-04.jpg

12051208.jpg
http://www.cnn.co.jp/images/cnn/2012/05/12/12/44/25/wwii-fighter-06.jpg

http://www.cnn.co.jp/fringe/30006555.html
(元スレ)



想像よりもずっと綺麗だ。
痛みが少ないのは湿気がないからかな?



砂漠で湿度が低いから大丈夫だったのか



恥ずかしながら帰って参りました



キティホークとは渋いな



結局、物を保存するには、乾燥が一番なんだよな。高温多湿の日本にいると、真の乾燥がどういう物かは一生分からないけど。

真の乾燥は、物を何千年単位で保存できる。古代エジプトの遺跡からは、ハチミツとかパンとか沢山でてくるもんね。



なんだこれ。ふつーに落ちてる。埋まってすらいなかったの?
なのに何十年も横を通りがかる人すらいなかった、ってことなのかな。どんだけ無駄に広いんだろう。


>>
人家に近いところに落ちてたら墜落直後にバラバラにされて屑鉄処分されてるよw
マジレスするとあの国は人が住めるエリアが極端に少ないって事




いいねえ






イギリスのことならこのままの状態でヘンドンの航空博物館に展示することになるんだろうな



砂被ってたんじゃないか
いくら乾燥地帯でも60数年強烈な直射日光に晒されてたら劣化しそうだが



弾痕の跡があるじゃん
ロンメル軍団に撃墜されたんだろ



以前、Twitterで土人が記念写真撮ってるの見たけど
プロペラとか売れそうなパーツ取り外してたぞ。


>>
欧州の街中ですら放置車両は数日でばらされて売られちゃうからな



どちらにせよ、飛行機の傍にいても発見されてなかったじゃないか。21世紀になるまで。



B-24爆撃機も、欧州空爆の帰りに、どういうわけかサハラのど真ん中に入り込んでしまって、
パラシュートで脱出した搭乗員は全員野垂れ死にしたんだよね。

「最寄りのオアシスまでまっすぐ行って200km」では、助からん。



しかし、米軍貸与のP-40って言うのは英国人のプライドが許せないのかね?

>>
プライド高き英国人はアベンジャーよりもソードフィッシュ。

>>
ソードフィッシュはビスマルク追激戦で活躍したからなあ。
日本海軍相手だったらバタバタ撃墜されてたろ。
ドイツ海軍は空母なかったし。



ペラは残ってるな
土人の写真の時はもっとガワがあった気がしたけど
別の機体…な訳ないか



砂漠の砂山は移動するから・・・

おそらく途中何十年か砂に埋もれてて、最近、風邪で露出したんだろ。
なんせ、ピラミッドでさえ、最初は砂に埋もれてたんだかからな。
砂は全てを埋め尽くし、感想によって時間を止める。



ラダーやエレベーターが無くなってるのは布だった?



日本の山あいの農村なら間違いなく腐り果てるわ
セミの脱け殻みたいになって最後は自然にペシャンコに



コッピング本人はどこで見つかったんだろう。

>>
たぶん10キロ圏内にいると思う



>パラシュートは空から発見してもらうための目印になるし、上空を通過する飛行機に向かって光を反射させるための
>鏡やわずかながら発煙筒もあったはずだ。それにも関わらずなぜコッピング軍曹は飛行機を離れたのか。
結局見つかるまで70年かかってるじゃん。軍曹は墜落死したほうが楽だったな・・・



サハラ砂漠の東端 エジプトのアスワンからアブシンベルまで行ったことあるが、暑さハンパない。

きっと2~3日も生きられなかったと思うけどな。。。

よって数キロ圏内に人骨があるはず。。。。。でも余裕で砂山で埋まってると思うけどね・・・



サハラ砂漠で迷ったら何十年も発見してもらえない可能性があるってことだね
ってかパイロットどうしたん?



最近新品のスピットファイアが埋まってるのが見付かったとかいう記事を読んだ気がするが…
日本機も見付からないかなあ

>>
関東のどっかの泥沼で保存状態が年数考えればマシな
戦闘機だか戦車見つかったって話があったはず
敗戦時にアメリカに渡すくらいなら、ってこっそり遺棄する時に
粘土層の湿原とか泥沼に沈めてくれてたらなーw

>>
海岸に埋めたP-38が見つかった記事は読んだけど
スピットファイアもみつかってたのか

>>
ビルマで何機か見付かったらしいが、記録によると埋めたのは120機らしいw



機体後部に弾丸が貫通したような跡が複数みられるんだがな。
空中戦で下から狙われたような感じがする






サンテグジュペリのペロ8も見つかったんだっけ
結構見つかるもんだな



カーチスP-40か
博物館に腐るほどあるだろ

サン・テグ・ジュペリのP-38って前見つかってたな
撃墜したドイツパイロット生き残っててファンだったのにとコメントしてたが



良いコンディションの零戦も見つからないものかな。見つかったら是非日本人
の手でレストアして欲しい。飛べる状態までね。



ラバウルからガダルカナルまで行って空戦して戻るとかw帰れないほうが普通だろ。



サン=テグジュペリの搭乗機P-38は、ドイツ空軍機によって
撃墜されマルセイユ沖の地中海に沈んだ。
10年くらい前に、本人のネーム入りのブレスレットが漁師に
よって引き上げられたな。

>>
何年か前に機体の残骸が見つかり撃墜したのは自分というドイツ人も現れた
ただブレスレットも含めて確定したというわけではないようだ

>>
サン=テグジュペリは操縦がドヘタクソだったのにパイロット志望で、
なまじ有名人だから軍も断り切れずに
せめて少しでも撃墜されないようにって偵察任務に出してたらしいね
後年、自分がサン=テグジュペリを撃墜したと知った敵側のパイロットは
「あの人が乗っていると知っていたら撃たなかったのに!」と
言ったとか言わなかったとか



ロンドン・コリンデールの英国空軍博物館へ展示されるんだな、見に行こう。

五式戦が綺麗に修復され展示室の中央に展示されてるのは胸熱だったな、
もちろんカタカナも昔のまま、イギリス人のそういうところ好きだな。



伊四○一が降伏前に海上投棄した特殊攻撃機「晴嵐」が見付からないかな
まあ、スミソニアンに有るヤツを返して貰えばいいんだけどw

>>
 >まあ、スミソニアンに有るヤツを返して貰えばいいんだけどw

アメリカから日本へ里帰りした「飛燕(?)」だったか、
手入れされることもなくボロボロになってるよね。
ちゃんと維持できるとこに置いてた方がいいかもね。

>>
アレは疾風だよ
入間飛行場で飛んだ
富士重工が引き取ったんだよな。
後にアメリカの元持ち主があまりにも酷い保管状況の悪さに返せって言い出したそうだ。
飛燕は確かロスでレストア中

>>
英国空軍博物館とは大きな違いだな、英国人は憎いドイツの航空機でも綺麗にレストアし保存している。
トヨタ博物館の日産車や国産他車も保存状態は良い。

>>
日本と同じ敗戦国のドイツは国立の博物館にメッサーシュミットBf109やMe162コメートが展示してあったり
メッサーシュミットを飛行可能にまで復元してエアーショーで飛行展示してたりする。
日本は、ほんとこうゆう点はダメだと思う。

>>
英国は19世紀の機関車もピッカピカにして保存してますね。
この点は英国は凄い!



日本はこういう航空機を大事にしないよね。船の科学館の一式陸攻も酷かった。
飛べる状態で保存してこそなのに。




現存欧州大戦機アーカイブ (エイムック 2345)

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 海外 > サハラ砂漠で第2次大戦中の英国軍戦闘機キティホークを発見…専門家らは「まさに奇跡」と驚き(画像あり)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。