情強速報

スポンサーサイト   はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人類の欲求を満たすには地球がもう1つ必要   はてなブックマーク - 人類の欲求を満たすには地球がもう1つ必要

12051701.jpg
人類がこのペースで地球の資源を使い続けると穀物や森林を育てるためにもう1つの地球が必要になるとの見方をWWFインターナショナルが示した。



WWFが隔年に発表するリポートによると、2008年までに、生産に使用できる182億ヘクタールの土地を必要とした。実際に使用が可能だったのは120億ヘクタール。約55%は二酸化炭素ガスを吸収するための森林に必要だった。
人類が年間消費する天然資源を地球が再生するには1年半かかるという。

WWFインターナショナルのジム・リープ事務局長はリポートの中で「われわれは別の惑星が自由に使えるようなつもりで生活している。地球が供給可能な資源より50%多く使用している。現状を変えなければペースは非常に速くなるだろう。30年までには惑星が2つあっても足りないかもしれない」と述べた。

同リポートは無駄を省き食料、エネルギー、水をもっと先まで長く使えるように消費するよう求めている。来月リオデジャネイロで、貧困を撲滅しつつ環境悪化に歯止めをかける方策を議論する国連の会議が開かれる。

リポートによれば、最新のデータに基づくと、08年に消費された資源を生産するには、1人当たり平均2.7グローバル・ヘクタールが必要とされている。グローバル・ヘクタールは生物学的な生産力を持つ土地をヘクタールで表す。地球のバイオキャパシティー(生態系が供給できる量)は1人当たり1.8ヘクタール。国連は昨年10月、地球の人口が70億人を突破したと発表した。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M41KIT6K50ZI01.html
(元スレ)



海を埋め立てて土地を作ればいいんじゃね



初代ウルトラマンの時代で地球人口20億とか言ってたもんな。
半世紀で3倍超。あと半世紀したらどのくらい増えるのか。



贅沢にはなったけど基本的にみな清貧の精神の日本は生き残る。

>>
日本は世界で一番(アメリカよりも)食料品捨ててる国だったような・・



土地の少ない日本はもっと海を効率良く活用できないものかね
海上でわかめを育てるようにとうもろこしや大豆が育つようになるとか



アメリカ人とロシア人と中国人があのほそろしいほどのムダ使いを止めたら
かなりマシになるだろマジで。
さらに彼らが世界の為に生産したものを考えたら余計に笑えるレベル。



米と中に言えよw
こいつらが居なくなれば当分じゃないが地球は大丈夫だ。



中国の人民がアメリカ並の生活水準になると、地球が3個あっても足りない



×人類
○一部の人類
数は少なくない。だからといって
勝手に全体責任にするな。



どんな生き物でも大量発生したら
食糧難に陥って大量死を招く
醜い奪い合いの果てに



中華系とインド系だけで地球人口の半分だよ。
中華系:支那人 朝鮮人 華僑 支那系東南アジア人 支那系移民群
インド系:インド人 イスラム系インド人(パキスタン人 バングラデシュ人)
     印僑 インド系移民群



デジタル一本化したお陰で資料本や紙や道具類がいらなくなった
もったいないなーと処分しながらこれから先
二度とこれらの資源使わなくていいんだと思うと少し感無量だ
あとは早く地球に負担のない次世代のエコ電気を推進してほしい



日本型の生活環境で 2.3個必要だった筈
アメ型で5個w
どー考えても人類は日本型になるべき



だから移民政策を加速して
無駄に子供作る馬鹿な土人減らせよ
土人を受け入れろって言うんじゃない
侵略して従わせろ



地球7つ半とか言ってなかったか?15年くらい前に。
つか、人間を2cmくらいに小型化すれば問題なし。

鶏1匹で1000人くらいが肉にありつける。
食料も土地も解決する。



敵を欲しがる人がいる限り何個有っても意味はない
そういう意味ではの1/10でも同じなんじゃないかと



そのうち数百億の人間が生き残るために
どんなことでもする世界になるんだろうな
有毒の大気、凶暴な太陽光、枯渇した大地
次々と生まれる新しい病気、おびただしい死
ありとあらゆる宗教、ありとあらゆる正義
ありとあらゆる利害、調停のために神まで造るんじゃないか



期限を設けていないだけで、これも終末論の一種だろうな。
「このままだとそう遠くないうちに破滅ですよ」と警告する。
そういうことが終末論と同様に、昔から何度もくりかえされているが、
予言されていたほどの危機的事態にはなっていない。
そんで毎日の流れの中で新しい終末予言が次々うまれてくる。
とはいえ、いつかはほんとうの終末とよんでもいいくらいの厄災は
くるんだろうな。いつかはわからんけどさ。



既に「持続可能」でない領域にいる人類は、「行き過ぎ」を引き戻し、
「エコロジカル・フットプリント(環境や生態系に与える影響度)」を
減らさなければならない。個人の価値観を変え、政策を変更すること
などによって、先進国は大量消費社会を変革し、途上国は人口増加を
抑制することが必要と指摘する。だが、現実社会は、理想とほど遠い
状態だ。

http://www.amazon.co.jp/成長の限界-人類の選択-デニス・メドウズ/dp/4478871051
30年前から言われてるじゃんw



絶対に戦争になるな



事実。
先進国が世界の食糧の5分の4を食べて余らせては捨てている。

わずかに残りの5分の1を途上国が消費している。



アメリカの消費量がトップで日本の3倍とのことだ。
大量消費社会は途上国からの搾取がないとなりたたないんだ。



カネモチの与える金と食事が無ければビンボウニンは働けない。
ビンボウニン同士は互いに奪い合う事しか知らない。


>>
ビンボウニンがいなければ、カネモチは生産手段を持てない




あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 生活 > 人類の欲求を満たすには地球がもう1つ必要

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。