情強速報

スポンサーサイト   はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「放生」で毎年大量の鳥や魚が犠牲に   はてなブックマーク - 「放生」で毎年大量の鳥や魚が犠牲に

12051702.jpg
台湾では、仏教徒が自らの「業(ごう)」を改善するために魚や鳥を野に放す「放生」という儀式によって毎年数千万匹の生物が死んでいると、動物保護活動家らが警告を発している。



http://img3.afpbb.com/jpegdata/main_photo/20120514/8940914.jpg
この儀式の禁止を検討している台湾政府によれば、儀式によって環境が破壊されるのに加え、毎年放される2億匹前後の生物の多くが餌や生息地の不足により死んだり傷ついたりしているという。

動物保護団体「台湾動物社会研究会(Environment and Animal Society of Taiwan)」によれば、台湾では毎年約750の放生の儀式が行われている。

台湾の農業委員会(農業省)の担当者は13日、AFPに対し、これまでの交渉で一部の団体は儀式の中止に同意したが、放生の禁止を受け入れていない団体もあると述べた。

現在提案されている野生生物保護法の改正案では、許可無く放生をした者に対し最大2年の禁錮刑または250万台湾ドル(約680万円)の罰金が科されることになる。

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2877761/8940914
(元スレ)



ほうじょうえ、か。
江戸時代には日本でも盛んに行われていた風習だな。
鳥や虫、魚などを店で買って、放すというイベント。
これのために野鳥を乱獲したせいで激減して値段が上がり、
そのために放すかわりにペットとして飼うことが流行したとか。



自己満足ここに極まる。
ま、人間も自然の一部だから、これもなるようになった結果、かもしれない。



放精

>>
残念だったなw放生は「ほうじょう」と読む。



飼育動物or捕まえた野生動物を業者が客に売って、客が近くに放すけど、
全然関係ない環境に放す(酷い場合には海の魚を川に放したりするらしい)
ので、ほとんどが死ぬ。

ってことで、むしろ動物を大量虐殺しているだけで、本来の精神とは真逆の
イベントと化しているらしい。



いつも鰻屋さんでウナギを買って川に放すご隠居さんがいて、
あるとき在庫がなくて、とっさに自分の赤ん坊を売ったら、
ご隠居さんが赤ん坊を川にドボン、
という落語がありまして。



もう息するだけで死んでまうから仏教にならへん・・



わざわざ取って来る
狭い篭に詰め込まれ多数が死ぬ
そして仏教の聖地と称される、まあ交通の便の良いところに放され
個体数密度過剰になる
そして大量に死ぬ

放生会自体の心底にあるのは慈しみの心だが、その方向性がいけないなあ
個体数を分散させやすい所に放つ、その場所を新たな観光地にする、
そこに、仏教哲学と生態・環境学を統合した思想研究機関を設立する

この方向性で持って行けないか?



それを下流で捕まえてまた売ればいいんじゃね



放生をやめて、傷ついた野生動物の保護、
野生復帰リハビリ活動に変えたらよいんじゃないのかね?



イムべき所業。



仏教って、生きるために殺すのはしゃーねーから
悩んでも意味ねーよ、って教義じゃなかったっけ。

こういうのはジャイナ教ジャナイカ?

>>
なるべく少なくしましょうねという考え
ま食料が枯渇したら仏教関係なく自然にそうなるが



どうせみな死ぬんだから好きにすればいいと思います。


放生


Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 海外 > 「放生」で毎年大量の鳥や魚が犠牲に

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。