情強速報

スポンサーサイト   はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“渦巻きを起こす鍋”なぜか、歯医者さんが考案    はてなブックマーク - “渦巻きを起こす鍋”なぜか、歯医者さんが考案 

皆さんは、歯科に対してどのようなイメージをお持ちだろうか?
私にとっては「怖い」「痛そう」「逃げ出したい」……。要するに、そんな恐怖のイメージしかない。
だが、それだけではない。実は、こんな歯医者さんもいるらしい。愛媛県伊予郡にある「渡部歯科医院」の渡部英樹院長が、なぜかある鍋を開発した。その名も『くるくる鍋』。
これは、どういう鍋か? なんと鍋の中に対流を起こし、渦を発生させるらしい。
だからこそ、『くるくる鍋』と名付けられた。ところで、どうしてこのような渦巻きが起こるのか。
それは、鍋の横の部分にらせん状の溝を付けたから。水温が上がると、水は溝に沿って上昇。その勢いで大きな渦が発生するというわけだ。

でも、それに何があるのか。渦が起こる事によるメリットとは、何ぞや?
……もう、皆さんお分かりでしょうか。簡単な話です。水がクルクル回ると熱が早く伝わり、スピーディにお湯が沸くという按配で。

でも、何で歯医者さんがこのような鍋を思いついたのだろう?「たまたまの思い付きです(笑)。開発という程のエピソードはありません……」(渡部院長)
ただ、実行力は特筆もの。思い付いたその日に、歯の治療に使う石膏で試作品を製作したそうだ。
そして、その出来が予想以上だった。「ちょっと回るかな」程度の物だと予想していたのだが、いざお湯を沸かすと洗濯機のようにクルクル回転! 作った渡部院長がびっくりした程の回りっぷりだったという。

もう一度、整理しよう。渦巻きが起こると、こんなメリットがあるらしい。
・鍋の中に渦が発生して熱が全体にムラなく伝わり、お湯が早く沸く
・野菜、麺類、卵など茹でる際に混ぜる手間が省ける
・熱が全体に均等に伝わり、茹で上がりが早く美味しくなる
・渦の力で泡が中心に集まるので「吹きこぼれ」にくくなる
・アクが中心に集まるので、アク取りが簡単
料理の時間、手間、ガス代を節約できる一石三鳥の便利なエコ鍋だ。

ちなみに、この『くるくる鍋』に商品化の予定はある?
「もちろん商品化する予定ですが、時期、方法については未定です」(渡部院長)
商品化について相談したいという場合は、渡部院長が起ち上げた「有限会社WATANABE」に連絡すれば対応してくれるとの事。

もうすぐ板金加工の試作品(デモサンプル)が出来上がる予定だそう。
歯医者さんがなぜか思い付いてしまった、渦巻きを興すエコ鍋。興味深いです。


“おわかりでしょうか? 鍋の中に“渦巻き”が起こってますよ”という画像は
12052202.jpg
http://image.excite.co.jp/feed/news/Excite/bit/2012/E1337342470592_1.jpg

横部分のらせん状の溝がミソだ
12052203.jpg
http://image.excite.co.jp/feed/news/Excite/bit/2012/E1337342470592_2.jpg

鍋の中で、麺がくるくる
12052204.jpg
http://image.excite.co.jp/feed/news/Excite/bit/2012/E1337342470592_3.jpg
有限会社WATANABE http://www.kurukurunabe.jp/
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1337342470592.html
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1337342470592.html?_p=2
(元スレ)



洗う時汚れが残りやすそう。
それ以外はいいかも




テレビでみた


あっというまに中国から偽物が
と思った。




ポーチドエッグなんか、中央に固まって作りやすそう。




歯医者さんへ行こう
http://img.izismile.com/img/img5/20120515/640/demotivators_picdump_196_640_05.jpg

>>
あいつら 押し付けるのが好きだろ? 絶対そうだと思うw




電気椅子も歯医者が考えたんだっけ。




歯医者は何処も暇なんだよ(´・ω・`)

>>
知り合いの歯医者が石膏でガンプラ作ってた(パーツ切り出し)




これおもしろいなあ。でっかいサイズにして業務用にもいろいろ使えそうな気がする
料理以外にもいけそうな気がする。どこまで特許取ったのかな。




Lha作ったのも歯医者だっけ?




自分でやらないでティファールあたりに売り込んだ方が儲かっただろうけど。
真似される速度の方が速いだろうな、自分で広げる時間よりも。
いろいろ使い道がありそうで具体的にはよくわからんのが難点だけど。
かき混ぜる煮物とかが楽そうだってのはわかるけど。特殊な洗濯とか、工業用にも使えないのかなあ。

>>
多分、特許おさえてそれで儲けるつもりなんだと思う




つか、これ、基本特許とればよいのに。

そのうち、湯沸かし器とか、色々なもので真似されるぞw




パソコンの部品作ってるカノープスの社長も確か歯医者




主婦のアイデア商品みたい
流行ったら儲かるんだろうなぁ




こういうプリミティブな原理はすごい基本特許になるぞ

ざっと考えたけど、かなりの応用分野がある。




これ家庭用より業務用の需要が大きいと思う。
業務用鍋にモーター攪拌機セットして加熱しているくらいだから。
攪拌機不要になればすごいコスト低減になる。

>>
なべの中にたっぷり物がはいると、鍋の中の物が対流を邪魔しだすだろうから、
難しいだろうとはおもふ。




なんか違和感があるなと思ったら左回りなんだな。
世の中の大勢を占める右ききの人は右回りに回すから、
それに合わせたほうがいいと思う

>>
菜箸で採り上げる時の事を考えて、左回りにしたのでは?
右回りにすると、熱気の上昇してる鍋の向こう側で持ち上げる事になるから、左回りにして採り上げポイントを手前側に


ところで大気は低気圧も高気圧も左回り・海流も左回りなのに(北半球では)、どうして鳴門の渦潮や洗面所等で作る小さな水流は右回りなんだろう?

>>
右回りも左回りも両方あり得るよ。>小さい渦
気象現象で見られる渦の向きは「コリオリの力(チカラ)」っていう小さい力が影響するから。




髪の毛くるくるポイ Aタイプ 840018

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 国内 > “渦巻きを起こす鍋”なぜか、歯医者さんが考案 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。